就活中なので更新が滞っております
当ブログはIEでの閲覧を推奨します。

オワタ\(^o^)/

2008年03月31日

オワタ\(^o^)/
posted by ぞう at 20:30 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

キャノンは頭おかしい

2008年03月21日

こんにちは。ぞうです。
去年ようやく新調したデジカメが買って速攻で壊れ、
中古のため保証も効かないという相変わらずの不幸っぷりを見せてくれたんですが、
ようやく修理に出す余裕が出たので修理に出しました。

こうした精密機器というのは総じて修理費用が高い。
修理するより新品を買い直した方が安い、
なんてこともよくある。

というより所得や技術レベルの高まりによって製品価格がかなり安くなったために
新品製品と比べて高く感じるんですが、
何やらキャノンさんは修理に一律料金を設定しているらしく、
僕の所有するモデルでは1万円程度で修理できるそうです。

さすがキャノン!俺たちにできないことを平然とやってのける!
そこに痺れる、憧れるぅ!!

それでも購入費用と合わせて、
既に上位モデルが買えてしまうくらい金額になってるんですけど
修理の方が安いので修理に出しました。

そんなわけで昨日修理から上がったデジカメを受け取りに行ったんですけどね

 

もうね、


 

キャノンは頭おかしい



 

 


修理費用0円だと?



発売から1年たってないので保証適用で修理だって?



もうカウパー吹き出す勢いで驚いた。
一生デジカメはキャノン製品を買う。

さすが大企業はやることが違うね。
S○nyタイマーで悪名高い某企業はこんなことたぶんしてくれない。
もはや神領を超えて頭狂ってるとしか思えない優しさ。
もうCanonでバファリン作っちまえよ。

たぶんCanonの社長さんの髪の毛を鷲掴みにしてむしり取っても
怒らないんじゃないかってくらいの優しさで、
社長さんにならケツ掘られても僕文句言わない。
posted by ぞう at 14:24 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

OFF

2008年03月09日

こんにちは、ぞうだす。
今日は久々のOFF!!!
朝からダラダラとDVDとか見てみたりと、家に引きこもってゆっくりとしています。
さすがに辛かったね

33連勤。

ありえないぐらい疲労がドップリたまってるんですが、
給与明細もなんかありえない感じになってました。

ようやく明日が給料日なんですけど、
カードで買い物したり、金借りたりと、
今月の給料を当てにしていろんなもの買ったんで、
まぁ今月はそんなにリッチというわけじゃないんで、
くれぐれも「おごってくれ」とか言わないように。
言った人から順次射殺していきます。

ちなみに買った物を紹介。
P1060109.jpg
液晶ディスプレイ

画像じゃイマイチわからないかもしれないけれど、
とにかくデカイ。奥様大喜びです。

22インチもあるんだぜ、コイツ。
しかもワイド。

前のディスプレイは15か17インチくらいの、
チンカスみたいなショボディスプレイだったんですけれど、
いきなり22インチへと大幅アップグレード。
最大解像度も1680x1050もあるんですが、
パソコン自体5,6年前の古いものなんで、
1280×1024でしか表示できてないのが歯痒いところ。
しかし、十分広い。

なにより注目なのが、コンポジット、コンポーネント、S端子
などのアナログ入力端子を備えているところ。
現在ビデオデッキとつないで、デッキ内蔵のチューナーで地上派アナログを見ています。

これによってテレビ+パソコンディスプレイを統合できたので、
古いブラウン管テレビは処分。
無駄に25インチくらいもある巨大なブラウン管。
広大な平原に置いておいたら誰かジャイアントロックと間違えるんじゃないか
ってくらい巨大なんですけれど、
友人が快く引き取ってくれるようなので、譲ることに。

想像以上の大きさに、引き取りに来た友人は
泣きそうな顔してました。

後日リサイクルショップに持って行ったそうです。
posted by ぞう at 18:10 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

パンドラの箱〜後編〜

2008年03月04日

前回のあらすじ
最近バイト以外何もする暇がなく、寝てバイトの繰り返し。
そんな僕が最近一番驚いたのが、
寝てる時に足が痒くなったのでボリボリかいた後
ふと足首を掴んでみたら

「うわ、俺足細っっ!!!!」

ってビックリしました。

 

そんなわけで訪れた合コン。
さて相手は…






こ、これは、苦しゅうない!

 



どうやら俺の開けた箱はパンドラの箱ではなかったようだ。
まったく期待してなかっただけに気持ちが舞い上がる。
まだ生きているぞ。ここは地獄じゃない。
地球は青かった!

2名は正直どうでもいい感じなんですけど
1人は十分あり。アリアリ。
2人はアリーベデルチしてこの子にロックオン。
だれかロマンティックを止めて。

そんなわけでオニオン師匠のつまらない話に
俺の的確なボケとツッコミによって笑いを取りつつ、存在をアピール。
掴みは完璧である。

途中キム兄が遅刻して参加してきたけど
何しにきたのかまったくわからないまま途中ですぐ帰っていきました。
たぶんあれ生霊が見えただけだな。

終電どころか結局朝までオールしてしまい
翌朝のバイトのため帰って1時間ほど寝てみたんですが、

あ、これムリ

と冷静に感じて2度寝。
さすがに1時間じゃ全然酒抜けない。だけど2時間寝てみたらなんか知らんけど完璧に抜けました。
さすがウコン!俺たちにできないことを平然とやってのける!
そこに痺れる!憧れるぅ!!

 
さて合コンで話は終わりではない。
あくまで始まりにすぎない。
この出会いをいかにアフターへ繋げるか。
俺の人生を劇的にビフォーアフターできるか。

連絡先を聞き忘れるという痛恨のミスをするも、
「俺のアドレス向こうに送っておいて」
の一言で完膚なきまでにフォロー。
まぁそんなわけでバイトが終わるのが楽しみで仕方なかったんですが、





新着メール0





まだ午後6時だ。慌てるような時間じゃない。
オール開けで帰って7時
そこからなんやかんやで寝付くのが9時ぐらいで、疲労などから10時間くらい睡眠だろう。
まだ寝てるはずだ。



午後7時
まだ寝起きだ。メールなどしないだろう。



午後8時
寝る時間がずれ込んだのかもしれない。
果報は寝て待てだ、俺も睡眠不足だから一旦寝よう。



午前0時
きっともう寝てしまったに違いない。
明日まで待つか



翌朝
まままま、まま、まだあわあわあわてるような、じじじ時間じゃないぜ

 

翌々日
こねぇぇええっぇーーーーーーーーーー!!!!!!

 

翌々々日
オワタ\(^o^)/

 

そんなわけで恋の予感も虚しく、
恋が始まる前に終了するという未曾有の大展開。
早い話が神様に
「お前将来ないから死んだほうがいいよ」
って間接的に言われてんだと思います。
ちょっと魂売って悪魔と契約してくる。


--------------------


という記事を水曜くらいに書いてたんですけど、
その日にようやくメールが届きました。
合コンから3,4日経って届くという、
死人の脈でも計るくらい脈がまったく無い状態なんですけど、
やっぱりちょっと嬉しかったので、即座に返信。

長すぎてはいけないし、短すぎてもいけない。
絵文字や顔文字も少なければ冷たい印象だし、多すぎても気持ち悪い。
ここは適切な長さ、量を推量し、
楽しかったという好印象を伝えつつも、今後の発展に繋げやすい内容を送らなくてはならない。

このバイトの10分の休息時間でそれを考え、送信などできるのか?

いや、できる。

俺ならやれる。


結果、見事送信に成功したわけですが
やっぱり返ってきませんでした。

オワタ\(^o^)/

 

俺が開けようとしたのはパンドラの箱ではなかった。
しかし中に…入っていたのは…俺だったァー!!

開けようとしていたのは、俺でなく彼女らであり、
そしてそれは俺という災厄が入ったパンドラの箱であったのだ。

箱に残された最後の一つ、それは"絶望"だとも言われている。
俺は箱の中に絶望とともに蓋を閉められ、閉じ込められてしまった。
ちょっと魂売って悪魔と契約してくる。
posted by ぞう at 15:07 | ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

パンドラの箱〜前編〜

2008年03月01日

こんにちは。ぞうです。

パンドラの箱。

ゼウスによってパンドラは、開けてはいけない箱と"好奇心"を持たされ送りこまれるわけですが、
ついにパンドラは好奇心に打ち負け、箱を開けてしまうのです。
すると箱からは様々な災害(抽象的な意味での)が飛び出し、
慌てて蓋をしめるも既に1つを残して、ほとんどが飛び出してしまいました。
こうして人類は疫病や犯罪などの災厄にあいながら生きなければならなくなるのですが、
最後に箱に残った1つのおかげで、希望だけは失わずにいわれる。
そんなお話です。

最後に箱に残ったものは諸説あるのですが、
哲学的でなかなか面白い話なので、興味のある人はウィキペディアなりGoogleなりで検索してください。
詳しくはWebで!!(←言いたいだけ)

そんなわけで、中に何が入ってるかわからないが故、
好奇心から気になって開いてしまう。
往々にしてありがちであり、そこが前回のうんこの話に繋がるわけです。
そうした心境を、某ブログをパクってうんこに例えて書いてみたわけなんですが、
その記事をアップロードした翌日に僕は生まれて初めて合コンというものに行ってきました。

 

バイトがフルで入ってるどころではなく、
キャパシティオーバーしてる勢いなんですが、合コンのために時間をさいて調整。
日曜昼間に出勤してアフターファイブで合コンというOLみたいな予定を組みました。

そしたら土曜にしろとか脳ミソ腐ってるようなことを言いだしましてね、
普段ならば快くバイトを調整して対応するのですが
直前になってバイト変更しろなんて社会的かつ常識的にムリに決まってるじゃないですか。
そんなのもわからないなんて脳ミソが水でふやけた湿布みたいにブヨブヨになってるとしか思えない。
前日になって時間変えてくれなんて言ったら何言われるかわかったもんじゃないよ。

 

そんなわけで上司に申し出てみたところ
即OK貰えました。

 

これだけムリしてバイト調整したのに
ゴラムみたいなクリーチャーフェイスだったらただじゃおかない。
タルタルソースぶっかけてタルタルさせるぞ。

そしたら今度は朝までオールとか言い出すんですよ。
ムリして朝からバイトにしたのにそのままオールとか狂ってる。
しかも次の日も朝から仕事って言ってるのにオールにするなんて言い出すとは、
脳ミソタルタルソースになってるとしか考えられない。

終電で帰らせてくれないとは、終電がないことを理由に
ラブホテルに連れ込んで如何わしいことでも強いるつもりだ。
合コンの日は鉄のパンツを履いて行こう。

 

そう思いつつ、いよいよ約束の土曜日。
あれほど楽しみだったのにまったく行きたくない。
バイトによる尋常じゃない疲労とあり得ないまでの豪雪。
そして何より相手方のスペックに対する
期待と不安の混ざったドロドロとした物体が俺の中を満たしていく。
朝青龍みたいな女の子だったらどうしよう…

いや、可愛かったとしてもこっちは俺とオニオン師匠とキム兄だぜ、怒って帰るんじゃないのか。

口から視床下部が飛び出しそうな気持ち悪さの中、時間は確実に経過する。
一瞬にして天国か地獄に分かつ時間。
合コンなんて行かなければ平和に時が流れるのに、
好奇心からついつい参加してしまう。

まさにパンドラの箱といえる。

さて相手は…

 

 

次回に続く
posted by ぞう at 14:18 | ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。