就活中なので更新が滞っております
当ブログはIEでの閲覧を推奨します。

HPナンプラ

2008年07月08日

こんにちは。ぞうです。

※注
今日の記事は自己満足、いわゆるオナニー日記というやつです。
興味の無い人は今すぐブラウザを閉じて、窓からパソコンか携帯を投げ捨ててください。

 

情報化社会となった今では、
クリック一つでおっぱいや、おっぱい、そしておっぱいなど
いろんな情報が見ることができます。
今の小学生はおっぱいを見ることの困難性を知らないのだろう。

そんな情報社会を生きるみなさん音楽は好きですか?
好きですよね。音楽が嫌いなんて人は聞いたことありません。

だけども音にこだわる人ってそうそういない。
みんなiPodの付属イヤホンで聴いてる。
他はせいぜいオーテクとか、
SONYのは付属でも割といい物が付いてたりするので、それを使っている人や
どこのメーカーかもわからないような物を使っている人まで。
Shureなんて使ってるのはたいていおっさんですね。

ヘッドフォン派の人は結構いいものを使ってる人を見かけますね、
ヘッドフォンは詳しくないのでよくわからないけど。
最近BOSEのAIを結構見かけます。

まぁそんな偉そうなことを言っておきながら、
僕自身たいして良い耳を持っているわけでないんですけど、
良い製品を使って聴くと音楽に入り込んでしまうほど素晴らしかったりします。
ピュアオーディオの世界は。

そんな僕が最近はまっている機材

IMG_0364.JPG
IMG_0359.JPG

ヘッドフォンアンプ

汚い作りを見れば一目瞭然、自作です。
回路図はおろか、コンデンサの役割もよくわからない僕ですら
情報社会の今ではGoogleでちょっと調べれば簡単に作ることができる。
すばらしい時代ですな。

スピーカーなんかのアナログ無段階ボリュームが好きで、
24時間クリクリ回してたいほど好きなんですが、
デジタル制御のPCのボリュームが不便で、今使ってるスピーカーのボリュームもデジタル。

最初は手元で操作できるアナログボリュームが欲しいし、
どうせ冬休み実家で暇してるので、暇つぶしに。
という軽い気持ちで作ってみたんですが、
苦労の末ようやく完成。

いざ再生!
と思ってみると、ゲインが低すぎる。
プレーヤーとアンプの音量を両方最大にしてようやく聞こえるレベル。
どうしたもんかといろいろいじくってみてもまったく変わらず、
結局正月に作ってから一度も使用せず、昨日にいたったんですが、

ふと思ったんです、
もしかしてオーディオケーブルのせいじゃない?

そして案の定変えて使ったら元気に動いてくれました。
どうやらケーブルの抵抗が高すぎた模様。

そんなわけで自作ヘッドフォンのレポート。
低音に張りが出て、高音域でも以前より伸びがいい。
そしてなにより全体的に透明感が出て、音の輪郭がはっきり、解像度が上がった。
もちろん手元で音量をクリクリ調整できる。
これはいい。

ヘッドフォンアンプって需要もないので、
市販品だとクソみたいに値段が張るうえ、安いものでは性能もたいしてよくないらしい。
けれど、今回OPアンプやコンデンサを贅沢にも高級品を使用。

と、いってもたかだが数百円です。
総額で3000円しない程度かな
コストパフォーマンスは抜群です。
今回は入門用の一番シンプルなタイプを作成したんですが、
電子工作は思ってるより楽しい。
そのうちもう一個作ろう。

そんなわけで、ヘッドフォンアンプ
みなさんも是非使ってみてほしい。
音楽を聴くのが楽しくなる。

 

余談ですが、昨日聴くのが楽しすぎて聞き入ってたら
気づいたら寝てしまい、今日のテストのための勉強ができませんでした。
owata
posted by ぞう at 16:31 | ☔ | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
女性を分解や調べるのは得意だが
Posted by k at 2008年07月11日 19:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。