就活中なので更新が滞っております
当ブログはIEでの閲覧を推奨します。

二日目

2008年08月25日

こんにちは。ぞうです。
バイトが夏休みなのに忙しいです。
それも丸一日分の行動を書く+画像のアップロードで
かなり時間がかかるのでなかなか時間がなく、
ちょっと更新できない日が続きます。
まぁチンコでもいじりながらまったり待っててください。

 

2日目。
早く寝ただけあって朝早くに起床。
IMG_0527.JPG
ものすごく爽やかな朝
コーヒーを入れてゆっくりと朝を満喫しつつ、本日の旅程を選考します。
IMG_0523.JPG

朝食の用意もしてないので、さっさとテントをたたんで
バイクに荷物をパッキングし出発です。
と、その前に前日の電装不具合を修理。
ヒューズが飛んでました・・・
メインヒューズは無事だったので、シガーソケットを取り外してそのまま出発

昨日は予定外に忠類にまで足を延ばしてしまったので、
今日の予定地までさほど距離がありません。
というわけでちょっと寄り道して行こうと思います。

まっすぐ帯広に北上せず、釧路方面に向けて進み湧洞沼へ
今日も天気に恵まれ、道はほとんど車の通りもない。
気持ちが良い・・・最高すぎる・・・
IMG_0529.JPG

湧洞沼に到着
IMG_0562.JPG
観光客もほとんどいないし、
一面に広がる水面には青く空が写る最高のロケーション。
IMG_0569.JPG
そして道を挟んで反対側には太平洋が広がっています。
IMG_0580.JPG

沼にはおばちゃんたちが年甲斐もなくはしゃいでましたが、
どうやらしじみらしき貝類が生息しているようで、
おそらく今晩の夕食にでもされるのでしょう。
勝手に取っていいのかわからないので、俺は見るだけにしておきました。
IMG_0568.JPG

海側では釣り竿が何本も並んでました。
IMG_0576.JPG
釣りもやってみたいなー

次は豊頃町へ向けて出発
IMG_0596.JPG
サーセンwww

ひたすら続く道を抜け、ライダーとピースを交わしつつ
ハルニレの木に到着。

ほぼ同じ時間についた若いカップルが歩いていったので、
空気呼んで見に行かないでバイクのもとで待ってたんですけどね

一向に帰ってこない。

木の下で青姦でもしてんじゃねぇかってくらい遅いので、
呪文唱えながら待ってたら、空気読めないおっさんが普通に行ったので
俺も見に行きました。

ハルニレの木はなにやらレバニラみたいで美味しそうな名前ですが、
豊頃町のハルニレは樹齢140年ほどの大木で豊頃町指定文化財。
広い草原に生える2本の大きなハルニレと、晴天の下で吹く爽やかな風
自分がいかにチッポケな存在か、
そして北海道はもっとデカイ!
くだらない悩みなぞ吹っ飛びます。
IMG_0604.JPGIMG_0611.JPGIMG_0619.JPG


雄大な自然を満喫した後は、
セイコマのクリームパンで物凄く遅い朝食を軽く取り
帯広を目指します。
IMG_0639.JPG

照りつける太陽が痛く、昨日の時点で腕が日焼け。
というのも日焼け対策に軽く羽織れるシャツを一枚用意してきたんですが、
誤って10分丈じゃないものを持ってくるという
完全なミステイクによりあっけなく日焼けしました。

ということでしまむらでロンTを探してみたものの、
すさまじくダサいものばかりで、断念。
ヒューズを買うためホーマックに寄ったら
ロンTが400円だったので購入しました。
これもダサかったけど、無地なので重ね着すれば問題ないし
吸収速乾素材で機能的。何より400円だし。

日焼け対策の神器を手に入れたところで帯広入り。
帯広といえば六花亭の本店ですが、
それを差し置いてもやっぱり豚丼!

さっそく豚丼!!

と行きたい所だが、見つからず・・・
なんとか自力で見つけ出し、
ようやく豚丼にありつける・・・

 

本日休業

 

チクショウ!!!

 

気を取り直して2件目。
やっぱり見つからない
しらみつぶしにグルグル回り、
半ば諦めかけたそのとき

諦めました!!

ということで3件目。
もこれまた見つからないので、
いっそのことおいしいのかどうかわからない無名の店に行こうかとも思ったけど、
バイクが立ち並ぶ怪しい一帯を発見。
見ツケタゾ。ウシシ
IMG_0644.JPG

有名店だけあって、店内は大盛況。
以上に化粧の濃いクリーチャーが店内を駆けずり回る中
ようやく豚丼が到着。ヨダレズビッ!

IMG_0643.JPG

イタダキマッんまぁぁい!!!!

諦めずに探した甲斐があった・・・
うますぎる。

豚丼に舌鼓を打った後は十勝牧場へ。
道はダートが続くのですが、
この白樺並木が最高のロケーションです。
IMG_0653.JPG
牧場の展望台よりどちらかというと白樺並木の方が絵になる
IMG_0675.JPGIMG_0677.JPG

次は扇が原展望台
IMG_0707.JPG
を通って駒止湖を抜け
IMG_0709.JPGIMG_0710.JPG
然別湖
IMG_0712.JPG
道は狭く、タイトなカーブもあり、
スピードを出さずゆっくり走ります。
ガードレールもないので、突っ込んだらそのまま湖に沈みます。
道沿いでは湖畔に降りれるようなところもなかったので、
微妙な写真しかないです。
おまけに寒い・・・

然別湖を抜け、今日のキャンプ場
然別野営場へむけてダートに入ります!

と思ったら

 

IMG_0783.JPG

通行止め・・・

 

ええええええええええええええええええぇせぇぇあえjlfかjg

 

ホントにその場で一人で叫びましたからね。
ここのキャンプ場はどうしても行きたいので、
やむを得ず道を戻って別ルートから行きます。

扇が原まで戻り、さらに食料とガソリン調達のため戻り、
また扇が原のふもとまで行きます。
二日目もこれかよ・・・

おまけに山中のためめちゃめちゃ寒い
日も暮れ初め泣きそうです。

ようやく到着して一安心。
パキパキとテントを立てていると、
管理人らしきおっさんが気さくに話しかけてきました。

ここに来た理由はこのおっさんじゃないです。
なんと言っても露天風呂!!
それも川のすぐ隣に湧く温泉で、入浴無料で混浴!
男の夢も広がりますが、当然女の子なんていないと思うので期待はしてないです。
IMG_0721.JPG

テントを建てるとすぐに入浴。
星空の下で最高に気持ちがいい
風呂に入りながら、さっきのおっさん(KLX250)と
静岡から来たという大学四年の人(CB400SF)と話をしていたんですが、
このおっさんただのライダーでした。
管理人じゃないのかよ!

夜空の星空がすごく綺麗で風呂から上がったあともしばらく見ていました。
まさに自然
来てよかったー

夕食はセイコマのカツカレーとのどごし。
IMG_0725.JPG
ほっとシェフなのにすっかり冷めてたけど、自然の中だとなんでもおいしく感じます。
夜空とともに早めに就寝。

この日の心残りは途中の道でライダーにピースしようと思ったら
走行中にもかかわらず両手でカメラを構えてきたので、
誠意をもってこちらも両手でピースしようとしたけど間に合いませんでした。
片手ピースと100万ウォンの笑顔で写真撮られました。

虫類→然別
走行距離 : 283km
今回初燃費計測では37km/lをマーク!!
day2.jpg
posted by ぞう at 16:45 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道ツーリング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。