就活中なので更新が滞っております
当ブログはIEでの閲覧を推奨します。

四日目

2008年10月11日

こんばんは。ぞうです。
現在実家。
紆余曲折あり、あまりに疲れたので3秒後にもう寝たい勢いなんですが
くしくもマニフェストを誓ってしまったので、
がんばんって更新します。

 

4日目。
4時ごろに目が覚めました。
キャンプ中は相変わらず朝が早い。
どうせ2度寝できないので、温泉の営業時間を見にいくついでに付近を散歩。
朝の別海

朝焼けがとても綺麗
IMG_0861.jpg
テントに戻り、昨日の3人で朝食。
味噌汁をいただいたのですが、やっぱり日本人は味噌汁だね。
次のツーリングから味噌汁も持っていこう。

さて、昨日は入れなかった温泉に入りのんびりしている間に
ライダーはみんなもう出発してました。
取り残されたよ

管理人のおばちゃんに道を聞いて9時前に出発。
ホクレンにてガソリンを入れ、フラッグゲット!!

北海道ツーリングの風物詩ともいえるこのホクレンフラッグは
去年までライダーに無料配布していたのですが、今年から店頭での配布は中止。
ごく一部のホクレンでのみオリジナルフラッグを作成して配っているそいうです。
去年からこのフラッグをつけて走るのを楽しみにしていただけに
残念だったため、わざわざ今回は別海まで足を延ばしました。

 
それでは中標津を抜け、今日は開陽台へ
IMG_0869.jpg
どこまでもまっすぐ続く道は走ってて気持ちがいい。
北海道ならではの道かもしれない。

開陽台は見渡す限り地平線の大パノラマ
IMG_0885.jpg
地平線なのにやや丸く見える!不思議!
しかし相変わらず天気は微妙。

 
中標津に戻り、ちょっと寒いのでしまむらでウィンドブレーカーを入手しました。
無敵!負ける気がしねぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!!!
で、標津に行こうと街中を通っていると、なにやら人がにぎわっています。
すると建物の隙間から祭りがやっているのが見えたので、
ちょっと寄っていきます。
IMG_0898.jpg
さすが中標津だけあって、札幌のビアガーデンより小さいw
でも味があっていいなー
どうせ札幌でも広くて人が多いだけで、大して中身も変わらないしね。
っていうか札幌の祭りですら一回も行ってないのに、なんで中標津の祭りに来てんだ俺w

ちょっと晴れてきました。
フランクフルトと豚串とラムネをいただきます。
ビールが飲めないのが悔しい!ビクンビクン
IMG_0897.jpg

 
標津へ行きまたオリジナルフラッグをもらいに行きます。

 

!!!

 

営業してねぇ!!!

 

なんで!!

 

あ、今日日曜か・・・
ここのホクレンは日曜休みらしい・・・

しかし4日目にして、もう曜日の感覚がない。
曜日どころか今日何日かもわからない。
行く先々でも本州から来たライダーに「今日は何日目ですか?」と聞くと
「うーん、あれ、今日何日だっけ?」
と必ず聞かれる。時間を忘れるのはどうやら共通項らしいです。

 
さて、来た道を戻り、昨日はいけなかった弟子屈近辺へ。
まっすぐ続く舗装路の横にはダートが伸びてます。
IMG_0901.jpg

ダート・・・フヒヒ

ということで、アタック。
楽しい・・・
オンロード車ではこのくらいの軽い場所しかやっぱり走れないので、
次買うならやっぱりオフ車だなー

 

!?

 

今変なのあった

 

そう思って振り返ると

 
IMG_0904.JPG
 

やっぱり変なのある。

お尻だけ出てる・・・

か、かわいい・・・

 

近づいてみたら猫が出てきました。
IMG_0905.JPG
持って帰りたい。
追いかけても遊んでもらえなかったので、道を進みます。
IMG_0910.jpg

しかし、
ここどこだろう。
IMG_0914.jpg
というか、どうやったら舗装路に出るんだろう・・・
それどころか、この道は舗装路に繋がっているのだろうか。
しかも今通ってる道とかトラクターの走った跡だし、
ここ完全に人の農地だな。スイマセン。

まぁ来た道はたぶん覚えているので、いざとなったら引き返す方向でまだまだ進んでみる。
なんとか舗装路に出れたので、弟子屈方面へ向かいます。

 
いよいよ到着、霧の摩周湖。
IMG_0923.jpg
その名の通り、摩周湖は霧がかかっていることが多く、
晴れていると婚期が5年遅れると言われるほどです。

 

 

 

IMG_0930.jpg

婚期が5年遅れました。
思いっきり晴れてます。

正面からではなく、裏摩周の展望台からですが、
草木でちょっとはっきり見えないのが不満。おまけに婚期遅れるし。

さていよいよ次は一番来たかったところNo.1の

神の子池!!

またまたダートを通って・・・
ぞうさんがー
神の子池にー・・・

 



 

IMG_0943.jpg

来ましたよ\(^o^)/

 

IMG_0938.jpgIMG_0944.jpg

やべぇ!!
これやべぇ!!
すげーきれー
ちょーきれー

池の底がハッキリ見えるほどの透き通った水が
エメラルドグリーン色に輝いてる!!

この感動はもう言葉じゃ伝えきれないので、
みなさん是非自分の目で見てください。必見。
「海外旅行行きたーい」とか行ってる場合じゃないよ

 

というわけで、早い話が面倒だから説明を放棄したんですが、
次はさくらの滝。
神の子池からさほど遠くありません。
滝といっても落差数メートルで、滝としての迫力はあまりない。
IMG_0985.jpg

けれど、ここの凄いところは
サクラマスが滝登りをしている!
IMG_0977.jpg

それはもうピョンピョンと、次から次へと登ってます。
運がよければ見れる、とかいうレベルではなく
10秒くらい待ってるだけで見れる。

神の子池と同じくらい感動した。
その生命の力強さに、ダラダラ生きてる自分が情けないくらい。

帰りがけに駐車場にRS250・・・
2002年に生産終了された250cc2stエンジン。シガテラでおぎぼーが乗ってるアレです。
うーむ、いつか欲しい。
乗れるうちに2stに乗っておきたい。

 
次は知床へ
海が見えはじめ、オシンコシンの滝に到着。
うわー、観光客だらけ・・・

滝はなかなか豪快でよかった。
IMG_1007.jpg
ちなみに売店の近くに猫がいます。有名な滝ぬこ。
滝よりもこのぬこ様がメインで来ましたw

IMG_1012.jpg
ぬこ様は寝てらっしゃいます。
観光客にいじり倒されながらも安らかに眠っております。

眠りの邪魔をするのは気が引けたので、俺は触らず。
その代わり超接写で撮影して滝を後にしました。

海沿いをまっすぐ走ると見えてくるのがオロンコ岩。
超巨大な岩で、登ることができます。
ついでだし登ってみようと思い、登ったはいいけれど

傾斜が鬼のようにキツイ

ゼーゼー息切れしながら、ようやく登頂
登らなきゃよかった・・・
景色はなかなかのものだけど、肝心のオロンコ岩自体の写真は忘れました。
IMG_1030.jpgIMG_1034.jpg

オロンコ岩のふもとにある駐車場にあった岩
IMG_1038.jpg
通称チンコ岩。
今命名した。

知床半島へ向かっていると鹿がいました。
IMG_1040.jpg
その後もいたるところに鹿がいまして、
この鹿が道路に飛び出し、事故を起こすことも多々あるようなんですが、
実際危ないのは鹿を見ようと急停止する4輪車です。
何度もケツ掘りそうになりました。死ね。

次はフレペの滝。通称乙女の涙。
でまぁ行ったわいいんだけど、滝まで数十分も歩かないといけないことが判明。
そんな時間ないので、スルーしました。
また来年ゆっくり見よう。

ラスト、終点知床5湖。
ここも5湖すべてを見ようとしたら1時間以上かかるらしいので、
2湖までのコースで我慢。来年こそ。

1湖
IMG_1061.jpg
微妙に風があったので、綺麗に湖面に知床連山が写らず残念。

2湖
IMG_1063.jpg
微妙すぎる・・・
2湖までのコースじゃ実質1湖くらいしかまともに見れない。

 
それでは来た道を引き返し、キャンプ場を目指します。
昼ご飯は食べてないんだけど時間も微妙だし、どうしようかなー
とか思いつつ、ちょっと知床でご飯を食べていくことにします。

一休屋。
IMG_1079.jpg
こじゃれた料理屋で、普段は一人じゃ入れないだろうなw
鮭の親子丼をいただきます。
IMG_1077.jpg
なんじゃこれ!!!
うめぇ!!!

僕刺身食えないんだけど、ペロリといっちゃいました。
バイクを停めたところまで歩いていると
俺と同じSRVの色違い。
IMG_1081.jpg
めったにお目にかかれないマイナー車なのに今回お目にかかれるとは
オーナーがいたら話しかけてたな。

 
本日のキャンプ場は網走湖畔の呼人浜キャンプ場
どーしてもここで夕日を拝みたい。
もうすでに日が傾いているなか、間に合うだろうか。
途中のスポットはすべてスルーして全速力で向かいます。

無常にもどんどん落ちる夕日。
結局途中の道でタイムアップ。
IMG_1087.jpg
でもこれはこれでいいかもしれない。

ついたのは日が沈んで数十分後
赤く染まる空の中テントを張ります。

IMG_1090.jpg

今日は隣のキャンパーに話しかけてやるぜー
と意気込みつつ飯の準備をしていたら、先に話しかけられました。
写真右下の女性です。

女性でソロ、しかもオフ車に乗って北海道を回っているというレアな人。絶滅危惧種です。
話の流れで近くの温泉に2人で行くことになったんですが、
すでにビールを飲んでしまったので、歩いていくことに。
街頭もほとんどない暗い夜道を二人っきりで歩きます。

この旅でいつか女の子といい関係にでもなれたら、と考えていたのですが、
女の子とおばさんの中間の生命体だったので、ぞうは考えるのをやめた。

30歳くらいの方だったんですが結構綺麗な方でした。
かなりアウトドア派の人でバイクの他にも、
登山やチャリ、スキーなんかもやるようで、
雪道の歩き方をレクチャーしながら温泉から帰ってきました。

この日も楽しい一日でした。

そしてテントの中でデジカメの写真を見ていたら
間違ってサクラマスの滝登りの動画を消してしまい
泣きそうになりました。

 
別海→網走
走行距離 : 347km
day4.jpg
posted by ぞう at 19:55 | ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | 北海道ツーリング
この記事へのコメント
北海道にはまだまだいいところがありますね
Posted by k at 2008年10月15日 09:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/107935074
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。