就活中なので更新が滞っております
当ブログはIEでの閲覧を推奨します。

我が輩は猫である

2009年04月19日

こんにちは。ぞうです。
いよいよ雪も溶け、バイクのシーズンイン。
ジョイフルなエブリデイを送っております。

来る日も来る日も就活そっちのけで、バイクのことばかり考えているわけですが
我が相棒SRV250には名前がありません。
心の中で呼びかける時にはまんま車種名でSRVと呼んでいるんですけど、
ネットなどを徘徊しておりますと、自分のバイクに名前を付け、
愛情をたっぷりと注いでおられる方々が結構いらっしゃるようなので、
思い立ったように「名前を付けよう!」と奮起しました。

名前を付けるって単純でありながら、実にクリエイティブな作業。
僕は小中と美術の成績は常に5だったんですけど、創造的な作業が非常に苦手。
同じ美術でも模写や風景画、造型といったコピーするだけなら得意なんですが
(こう言うと芸術家さんに怒られそうですが、学校の授業に限った話)
0から作るというのが全然ダメ。

世の中には"サカムケア"という、逆剥けをケアする商品に秀逸なネーミングをする人もいる。
ネーミングって本当に難しいね。

そんなわけで、じゃぁ誰かにヒントをもらおう、という結論から
Goole先生から案をいただきます。
適当に検索して良さげな単語を頂戴します。
いろいろ考えたんですが、シンプルに生年月日8桁で検索。

 

「Brake Rotor - Performance - Front by Brembo」

 

よし、"ローター"で。

ってなるか!ボケ!
ブレンボのディスクローターということで、一見バイクにピッタリなチョイスにも思えるんですけど、
どう考えてもピンクのブルブルするやつしか連想できない。

しかたないので、生年月日に車種名SRVを添加して再検索。

 

「JOANA DARC SILVA FELIX」

 

おぉ、なんかカッコイイぞ。
ダーク・シルバとかイカスな。

だが却下。
気取った名前がいけすかん。
イケメンは全員死ぬべき。

とまぁ私情が少々入りましたが、結局Googleで決めようというのが甘かった。
まずコンセプトを明確にすると
・日本人のDNAが感じられる名前
・横文字厳禁
・呼びやすい、ゴロがいい
・庶民的

うーん、なおさら難しい。
決まらないからもういいや

ってことで20世紀少年読んでたんですけど、
サダキヨ。
決めた。サダキヨ。
このゴロの良さ。

サダキヨ!シャキーン!

みたいな。
今日からお前はサダキヨだよ、SRV250よ。

とまぁいくらなんでも理由が安易すぎるので、ちゃんと理由も付けてあげよう。

S サダキヨ・・・
R ある(アール)と思います。
V V(ピースサイン)

やっぱり適当だった。
そんなサダキヨもまもなく20000kmを迎えますので、
今後もしっかりメンテしていこう。
IMG_0123.JPG
posted by ぞう at 18:44 | ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
読んでいて楽しかったです。ありがとうございます。
Posted by なお at 2009年04月20日 12:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。