就活中なので更新が滞っております
当ブログはIEでの閲覧を推奨します。

グラスホッパー

2009年07月02日

肖像権(しょうぞうけん)
肖像(人の姿・形及びその画像など)が持ちうる人権のこと。大きく分けると人格権と財産権に分けられる。プライバシー権の一部として位置づけられるものであるが、マスメディアとの関係から肖像権に関する議論のみが独立して発展した経緯がある。
(Wikipediaより)

日本国内において法律上明文化されていないため、
非常に解釈、判断の難しい。
端的に言うと、
勝手に写真を撮ったり、無断転載したらいけないよ
っていうこと。
悪質な場合は起訴される可能性も。

o0240032010199360241.jpg

これは、先日糞ブログオブザイヤー2009にエントリーされる可能性が
最も高いブログとして巷で噂となっている、
「北海太郎は静かに暮らしたい」のota氏が自身のブログに
アップロードした自身の写真であるが、

同じく糞ブログオブザイヤー2009受賞者有力候補と名高い
当ブログに勝手にアップロードしているということは
これ、すなわち肖像権侵害にあたる恐れがあったりなかったり。


そんなリスクを犯したとしても、
本日は猛烈に言いたい、声を大にして言いたい

 
こういうサングラスしてる女って著しくブサイク率が高い

 
あまり人のこと言える立場では無いのですけど、
本当に恐ろしく高い。
考えただけでも手が震えるほど恐ろしい。

タイプ別に分類すると
・真にファッションとして着用している
・メイクするのが面倒で、スッピンを隠すために着用している
・着用することで顔の造形センスが無いのを隠している

このようなことを発言して許されるのはイケメンのみです。
様々な批判があるのは僕も承知の上
しかし、ただ闇雲にブサイクだと申しているわけでは一切無く、
僕は一つの主張をしたい。

女性は年頃になってくると、メイクを覚え
産業革命も真っ青の技術進歩で
特殊メイクと言って相違ないメイク技術を会得するわけじゃないですか。
それはドブスであればあるほどに。

「あの子ちょっと化粧濃いよなー」
くらいにしか思ってなかった女子であっても、
ひとたび化粧を落とすと、
なんか「採石場?」みたいなフェイスだったり、
それはそれは恐ろしいバッタのような昆虫、
あるいはクリーチャーに変化するわけです。

こうしたNASAも驚きの技術と、プリント倶楽部、写メール、
などのツールが組合わさると詐欺罪として告訴できる領域に達してしまうのですが、
その議論についてはまた後日にあらためたい。

とにかく、女子は猫の手だろうが、死者の手だろうが、
構わずありとあらゆる手を駆使し、男子の目を欺こうとする。
ところが我々男子はいつでもスッピン勝負。
イケメンはそれでまったく問題ないのだが、
我々、非イケメンはいつも日の目を見ること無く、
次々と戦いに破れていく。まさに神風特攻隊のごとく。

どうか考えてみてほしい、
スッピンを隠し、特殊メイクを施す女子に、
なぜ己が魅力で勝負する我々男子が、このような扱いを受けるのか。
イケメン以外はゴミ、といった扱いを受けるのだろうか。

かくすれば、冒頭で述べた僕の台詞などとても些細なことである。
願わくば非イケメン男子が、ほんの少しでも日の目を見られますように。
そうした魂の叫びなのである。
posted by ぞう at 20:46 | ☁ | Comment(45) | TrackBack(0) | 日記

ジェノサイド

2009年06月08日

どうもこんにちは。ぞうです。
なんか知らんけど押し入れからタイムマシンがでてきましてね、
それでタイムトラベルしてたんですけど、
マシントラブルでこちらの時代に戻って来れなくなり、
やっとのことで戻って来れました。
そんなわけで更新できませんでした。

誰も信じてくれないでしょうけど、
大人ならば信じないのが普通でしょう。
そういうのって悲しいよね。

という嘘800はさておき、就活状況が芳しくなく、
なんかもう内定もらえる気がしないので、
頭に来て無い内定4人で麻雀に明け暮れてます。
なぜこの大事な時期に麻雀などを覚えてしまったのだろうか。

そんなわけで、「気が向いたら」程度にしか就活してないんですけど、
先日面接を受けに室蘭まではるばる遠征してきました。
どうしても北海道には残りたいし、転勤で他の地方に行くよりは良いと思い、
転勤がなく、札幌にもそこそこ近い室蘭の企業。
とはいえ、札幌から130kmくらいあるので、バイクにスーツを積んで行ってきました。

普通の人なら日帰りでJR使って行くと思うんですが、
就活中でなかなかツーリングにも行けないし、
気分転換も兼ねバイクでGo

R36だと何だかんだ言って結構時間かかるので、
まず支笏湖から苫小牧に抜けそこから室蘭までというコースを想定。
支笏湖までのワインディングを攻めまくろうとしたんですけど、
前の車がこれまた遅くてですね、その上追い越し禁止なので抜くに抜けない。
この道はいつもこのパターンです。

まぁ安全運転はいいことなので、文句も言えずゆっくりと支笏湖到着。
結局苫小牧には行かず内陸側の峠を通って室蘭まできました。満足。

室蘭には中学時代の友人がいるので、そいつの家に泊めてもらい翌日の面接に備えます。
夜は消灯後に恋話という、なんか中学の修学旅行みたいなことしてたんですけど、
「なぜ俺に彼女ができないのか」という議題で会議したところ、
「金も出会いもないから」という解決できない結論で終了しました。オワタ。

翌日は無事面接を終え、札幌へ帰ります。
見通しの良い直線道路で、ねずみ取りもしてない道があり、
そこそこスピードを出していつも通るんですが、風もキツイし、非力な250ccバイクなので、
それをさらに上回るキチガイな4輪ドライバーにもの凄い勢いで抜かされたりするんですけど、
この日も4輪が後ろから鬼のような形相でせまってきましてね、
120km/hでかっとんでたんですけど、あまりの勢いに恐ろしくなったので、
あと数十m車間距離が詰まったら減速して譲ってさしあげようと、
ミラーをちらちら見ながら走ってたんですよ。
そしたら、

 

ピカッ

 

(パッシング)パシパシ

 

覆面パトカー\(^o^)/オワタ

 

直線で逃げ切れるほどのスペックはないので、速やかに停車。
おとなしくサインしてきた。

パトランプが光ったとほぼ同時に減速したので、なんとかギリギリの88km/h。
もしかするとポリスメンの温情かもしれません。
28km/hオーバーの+3点、反則金15000円なり。

いやー、譲る気が無ければ気づかずにそのまま120km/hで一発免停だぜ。
あぶねーあぶねー。

 

 

と、いうわけで、
僕の定額給付金は給付される前に消滅しました。
ちょっと泣いてくる。
posted by ぞう at 16:37 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

我が輩は猫である

2009年04月19日

こんにちは。ぞうです。
いよいよ雪も溶け、バイクのシーズンイン。
ジョイフルなエブリデイを送っております。

来る日も来る日も就活そっちのけで、バイクのことばかり考えているわけですが
我が相棒SRV250には名前がありません。
心の中で呼びかける時にはまんま車種名でSRVと呼んでいるんですけど、
ネットなどを徘徊しておりますと、自分のバイクに名前を付け、
愛情をたっぷりと注いでおられる方々が結構いらっしゃるようなので、
思い立ったように「名前を付けよう!」と奮起しました。

名前を付けるって単純でありながら、実にクリエイティブな作業。
僕は小中と美術の成績は常に5だったんですけど、創造的な作業が非常に苦手。
同じ美術でも模写や風景画、造型といったコピーするだけなら得意なんですが
(こう言うと芸術家さんに怒られそうですが、学校の授業に限った話)
0から作るというのが全然ダメ。

世の中には"サカムケア"という、逆剥けをケアする商品に秀逸なネーミングをする人もいる。
ネーミングって本当に難しいね。

そんなわけで、じゃぁ誰かにヒントをもらおう、という結論から
Goole先生から案をいただきます。
適当に検索して良さげな単語を頂戴します。
いろいろ考えたんですが、シンプルに生年月日8桁で検索。

 

「Brake Rotor - Performance - Front by Brembo」

 

よし、"ローター"で。

ってなるか!ボケ!
ブレンボのディスクローターということで、一見バイクにピッタリなチョイスにも思えるんですけど、
どう考えてもピンクのブルブルするやつしか連想できない。

しかたないので、生年月日に車種名SRVを添加して再検索。

 

「JOANA DARC SILVA FELIX」

 

おぉ、なんかカッコイイぞ。
ダーク・シルバとかイカスな。

だが却下。
気取った名前がいけすかん。
イケメンは全員死ぬべき。

とまぁ私情が少々入りましたが、結局Googleで決めようというのが甘かった。
まずコンセプトを明確にすると
・日本人のDNAが感じられる名前
・横文字厳禁
・呼びやすい、ゴロがいい
・庶民的

うーん、なおさら難しい。
決まらないからもういいや

ってことで20世紀少年読んでたんですけど、
サダキヨ。
決めた。サダキヨ。
このゴロの良さ。

サダキヨ!シャキーン!

みたいな。
今日からお前はサダキヨだよ、SRV250よ。

とまぁいくらなんでも理由が安易すぎるので、ちゃんと理由も付けてあげよう。

S サダキヨ・・・
R ある(アール)と思います。
V V(ピースサイン)

やっぱり適当だった。
そんなサダキヨもまもなく20000kmを迎えますので、
今後もしっかりメンテしていこう。
IMG_0123.JPG
posted by ぞう at 18:44 | ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

面接プレイ

2009年04月07日

こんにちは。ぞうです。

初めて面接してきた。
しかも面接官として。

4月も始まり、初々しい新入生がワラワラと大学にいるんで
非常に邪魔臭いと下衆な4年の僕は思いつつ、
新2年からはゼミナールがあるので、その面接を先生と僕らゼミ生がやってきました。

「合格させて欲しいなら、わかるよな?」
「・・・はい」
という展開を希望しながら面接したんですけど、やっぱりありませんでした。

しかし人事側という立場がこんなにも素晴らしい気分だとは。
面接官と学生の間にはたかだか数メートルにすぎない距離なのに、
天と地ほどの差がありますね。
卑猥なこと考えてるわりに結構まじめに審査したんですけど、
面接受けるときにも結構参考になります。

とまぁそんな神心地もつかの間、本日はガチで初面接してきた。
金融系某会。
朝起きてから面接するまで20回ぐらい吐きたい気持ちになったんですけど、
無情にも近づく面接の時間が死にたい気持ちを昇華させます。
休憩室で待ってたのに全然リラックスできなかった。

形式は集団面接、4人で30分ほど。
本当は5人らしいけど、どうやら1人サボったらしい。
名前的に何かと一番最初にやらされることが多いんですけど、
今回は4番目ということで、しかっかりと思考する時間がある。
これはラッキー。

で、緊張感とともに僕の番がやってきたのですけど、
やってみると緊張はしたが思ったより普通に喋れた。
2輪免許の技能試験の方がよっぽど緊張したな。
結果は他の3人に比べて俺だけなんか深い内容じゃなかった気が。。。
これは

1.採用候補。書類だけで3次選考まで行く見込あり。
2.採用する気サラサラなし。適当に質問しとけ。

この2パターンです。
言うまでもなく後者の確率が高い。

他の3人はなんかもう5回以上面接してるみたいで、
最終に進んでる人までいるらしいけど、俺とか普通に初ですからね。
しかしながら、面接官に
「君初めてには見えないねー」
などと言われ、終わったあとも同じグループだった人には
「初めてには見えませんねー」
とか言われました。

お前らアホか。
口ん中カラッカラやぞ。
砂漠やぞ。
多い日も安心!ってくらいサラッサラやぞ。

よく考えると前回のGDの時も言われましてね、
これは遠回しに「抱いて!」って言ってるようにしか聞こえない。
きっとそうに違いない。

しかしまぁ昔からこういうのよく言われましてね、
「ぞうさんってVery Coolよね」
などと言われ、実際何があってもほとんど動じないんですけど、
それは冷静などとはまた違いまして、
「あぁリクスー着せてセックスしてーな」
とか口にしたら即逮捕みたいなこと考えてるだけです。
早い話が人の目の前のこととは違うことに興味がいってるだけ。

もう病院に言っても手遅れ感が否めないのですけど、
これを逆手に取って、次回の面接からはずっと卑猥なこと考えてたら
ものすごく落ち着いて面接できる気がしてきた。

そんなアホなこと考えながら、帰りの地下鉄に乗ってたんですけど、
なんかすげーのいた。
This is Galみたいな典型的なギャル集団がリクルートスーツ着てた。
どうやら地方から来てるみたいで、駅で右往左往してたんですが、
お前らその髪とメイクで面接受けるのかと。
どう良心的に解釈してもそういう店で働いてるようにしか見えない。
リクルートプレイ専門店で働いてるようにしか見えない。

 

そんなわけで僕の夢が叶いそうなので、
リクルートプレイソープを探してきます。
posted by ぞう at 12:52 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ディスカス

2009年03月27日

みなさんこんには。ぞうです。
就活進んでますか?
僕は毎回閉め切り前日にES出してます。
おまけに今週末はライブですからね。
そんな暇ねーのに。頭狂ってるぜ。

相変わらずバイトもやっておりまして、
去年に比べ忙しくないとはいえ、就活なのにまったく休みを取ってません。
必然的に就活のほうも疎かになりがちで、気づいたら新規エントリー締め切ってる企業も多く、
持ち駒が20社もありません。不安になってきた。

今のところ7社ほどにES・履歴書を送って、
2社が通過。うち1社は来月面接、もう1社はすでにグループディスカッションをやってきまして、結果待ち。
その他も結果待ちです。

しかしまぁ書類通過して欲しいと思いつつ、いざ通過するとなると死ぬほど嫌になりますからね。
面接とか勘弁してくれ。
前述のグループディスカッションも、まだ面接ではないので、
気が楽ではあるんですが、地下鉄を降りると全身ガクガク。
口からうんこ吐く寸前だった。

とりあえず早すぎても遅すぎても良くないと思い、
15分くらい前に到着すれば完璧だろうと、ジャスト15分前に行ったんですが、
なんか僕以外全員既に集まってた。
席も一つしかないので、当然そこに座ったんですけど、
両サイドは既にお喋りモードでして、
話しかけるに話しかけられない。さっそくアウェイな様相を呈してきたので、
一人で静かに待ってたら
「落ち着いてますね」
だと。
うんこ吐く寸前だボケ。

そんなこんなで、いざ開始。
普段テレビをほとんど見てないので、時事問題とかになると
危険がデンジャラスになりかねないんですが、
時事は関係ないテーマで一安心。
とはいえ、緊張すると正常に思考が回らないので、
いつも以上に必死に考えつつパッションなディスカッションを交えました。

進行役を担当したやつは、余裕なのか馬鹿なのか知りませんけど、
ジョークすら交える余裕っぷり。
いかにも3年間学生生活をインジョイしてきたような口ぶりだったので、
これが採用試験でなければ間違いなく、スリッパで引っ叩いてる。
けれども進行役としては十分に役割を果たしていた。

一方僕はというと、まず普段から滑舌が悪く、声も蚊の鳴くような小ささ。
普通の人ならそういったコンプレックスがある分、
いつも以上にがんばるはずなんですが、
僕はコンプレックスだとすら思っていない。

友人とドライブに行くと、車内で音楽とかかけたりするじゃないですか。
そんな時でも、
「声張るの面倒だからボリュームおとして」
とピシャリと言ってのけます。
その他の状況でも
「俺声小さいからそういうの無理」
と完全に開き直っているので、そういうダメなマインドが
このような場合もいかんなく発揮される恐れがあります。

試験官に聞こえたかはわかりませんが、結構がんばった。
長いようであっという間だった30分。
採用試験でさえなければ結構楽しかった。

はっきり言って出来は「?」です。
空気を読みながら発言というのがなかなか難しく、発言量に疑問が残ります。
もちろん少ないのはマイナスですが、量を見られているわけではないので、
その発言にどれだけ意味が含蓄されていたかにかかっているんですけど、
結局はよくわからないので、結果を待つばかり。
不安すぎてケツからうんこ吐きそう。

posted by ぞう at 15:45 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

マック

2009年03月20日

こんばんは。ぞうです。
Mac買いました。
マッキントッシュ。
いやね、いつもの病気が発病して衝動買いした、とかじゃないんですよ。

前までのパソコンはとにかく古いおんぼろマシンでして、
調べてみると7年も前に発売されたマシン。
スペック的にもかなりギリギリで、何をするにもモッサリモサモサと重たい動作で、
血反吐をはきながら7年もの間がんばってくれている。
そんな愛おしいマシンですので、スペックに限界を感じようとも
これまで捨てること無くせっせと作業してきたんですが、
ご存知の通り、現在就活中でして、
Webからエントリーシートをダウンロードし、印刷して書き込む
という作業をごく頻繁に行っているわけですが、
我が家にはプリンタがないので、学校まで赴き、学校のパソコンでプリントしてました。

当然ボールペン一発勝負なので、間違えば即書き直し。
一文字目で間違えることや、最後の最後で間違うこともあり、
そのたびに学校へと赴いてプリント。そして書き直す。
徒歩20分もかけてね。

とまぁ僕もそこまで馬鹿じゃないので、間違ってもいいように
3枚くらいドバドバと印刷してくるんですけど、
いくら賢者と名高い僕も、やはり人の子。
3枚とも間違えるときもあります。
そのときはふて寝です。

近所の友人にプリンタ貸してもらうっていう手もあるんですが、
お互いバイトもやってることですし、
インクって結構高いので、そう毎回毎回借りてばっかりってのも申し訳ないので、
ここは一発奮起してプリンタを買ってしまおうじゃないか
とそんな中、

Mac本体とHPプリンタを同時に購入すると9,870円

などというキャンペーン中。
一番安いモデルが9870円ですので、Mac買えばタダでプリンタもついてくる。
これはもう買うしかない。買わないはずがない。
という次第で購入にいたりました。

間違ってもMacのニューモデルが出たので、発表の10分後に注文出した。
なんてことは決してございません。
プリンタも付いてきてこりゃ便利だな、程度に思ってるわけがない。

ついでに申し上げますと、学生なら現在Mac BookシリーズやiMac、Mac proと一緒に
iPodを買うと17800円のキャッシュバックキャンペーン中。
iPod nano 8GBが17800円なので、iPod nanoがタダでついてくるってことです。
おまけにappleストアは学割があるので、Macも割安で買えます。
良い子のみんなは間違っても学割価格でMacを買い、ヤフオクでさばいて
タダでiPodとHPプリンタを手に入れようなんて思ったらダメだよ。

良い子じゃない僕はそんなあくどいことを思いついたんですけど、
残念ながらカードの残高が足りないので、実行できない。

ちなみに僕が買ったのはMac mini
学割で5000円OFFで63800円ながら、iPodキャンペーン対象外です。
まぁiPod使わないからいらないんですけどね。

そんなわけで、Mac miniなんですが、

素晴らしい。

びっくりするぐらい小さい。
キャベツ1玉より小さい。約17cm四方で高さが5cmくらい。
そして耳を近づけないとわからないほどの静音性と、驚くほどの省電力。

対して前PCはというと、大きさは8倍くらいあるわ、
ファンの音が凄まじいわ、スペックはカスみたい。
Mac miniのスペックをハンバーグに例えるなら、前のPCなんて砂利ですよ。

とはいえ、7年もの月日を過ごした相棒ですので、
本当にたくさんの思い出が詰まっています。よくがんばってくれたよ。
引退とはいえ、おいそれと捨てる気にもならず、未だに部屋の隅っこにおいてあります。
こいつとの思い出はお金にはかえられないね。

 

というわけで、誰か10円くらいで買わない?


IMG_3697.jpgIMG_3672.jpgIMG_3685.jpg
posted by ぞう at 21:56 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

就活

2009年02月28日

みなさんお久しぶり。ぞうです。
前回の更新からもう2ヶ月近く経ってるんですが、いかがお過ごしでしょうか。
僕は何をしていたかというと、今回ばかりはボケ腐って放置していたわけではなく、
就職活動という至極まっとうな理由で更新をお休みしていたわけです。

噂には聞いていたんですが、本当に死ぬほど忙しく、
連日連日説明会。ようやく合説が終わったかと思えば、
今度は単独説明会やら、ESの提出やらでまだまだ猛烈な忙しさです。

当然更新はおろかパソコンも立ち上げない日が多く、
今月は電気代が異常に安くおさまってるくらいです。
なんとか暇を見つけて更新しようとがんばってます。

というわけで就活なんですけど、
来週締め切りのESが2枚あるにも関わらず、
定番の部屋掃除を先ほどまで熱心にやっておりました。
想像に容易いと思いますが、まったく進んでません。
さっさと仕上げようと思い、1週間ほど前に書き始めたんですが、
記入日の西暦と和暦を間違え、開始1秒で書き直しを命じられたので、
やる気をショベルカーで根こそぎ奪われたため、なかなか手がつけられない。
とりあえず印刷しなおすため、昨日は学校へ赴き、
ついでに貼り付ける写真を撮ってきました。

詳しくは知らないんですが、今ざっくり調べたところ
写真屋で普通に撮るとなにやら1回5〜6000円近く。
もう馬鹿じゃねーの。
そりゃプロの腕と機材で、とてもいい写真が撮れるのはわかるんですけど、
写真程度に、それもあんなちっこい物にこの額は貧乏人には出せない。

というわけでいつものDIY精神で自分で撮ります。
デジカメで撮って、セブンイレブンでプリントすれば4枚200円。
なんともお手軽、お値打ちな証明写真。
といってもただ撮って、そのままプリントしてしまうと、
良いデジカメでない限りちょっと危険なので、デジタル補正を加えます。
デジタル補正というと聞こえはいいですが、整形です。

プロレベルとまでは言いませんが、そこらへんのボロイ写真屋よりは
デジタル補正の技術力は高いと自負しております。
沖縄行った時の写真を使って、ゼミの教授の寂しい頭に植毛してあげたらスゴイ喜んでた。

明るさ・コントラストを調整し、カラー補正、背景を均し、
曲がったネクタイと、髪型を修正し、口角を上げて肌を綺麗にしてあげます。
自分の顔をアップで見続けるのはなかなかの拷問ですが、
僕の顔は左右が非対称なので、写真写りが死ぬほど悪く、
もともと不細工な顔がド不細工になってしまうので、
これで見違えるほどイケメンになりました。

もとのカメラの性能が悪いので、そこまで綺麗ではありませんが、
10cm^2弱に縮小してプリントするので、それなりにはなると思います。
そこそこ良いカメラと、ロケーションを選び、レフ板あてて撮ればだいぶ綺麗に撮れるはずですが、
なにぶん1人で撮ったので、そこは妥協です。

あとはプリントしてくるだけ。
なかなかのイケメンになってくれたので楽しみです。

 

 

と思って、編集前の生データ見てみたらきもすぎて吐きそうになった。
posted by ぞう at 16:43 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

あけおめ

2009年01月01日

あけましておめでとうございます。ぞうです。
いよいよ2009年。
2009年1月といえば、
各書類に記入するとき2008年とうっかり書き間違える人が続出する
そんな月でございます。

それはさておき、
昨年は27日に仕事納めで、28日に実家に帰ってきてから
ひたすらゆっくりと、ダラダラと、ゴロゴロとしていまして、
2008年最後の更新もなあなあにして2009年を迎えました。

そんなわけで、思いっきりボケ腐って、
軽く脳みそが融解し始めているんですが、
なんとか元日くらい更新しようとがんばっております。

とはいうものの、お年玉メールの送信でいっぱいいっぱいなので、
できれば2、3日中にじっくりと更新したいとおもいます。

というわけで、更新は宇宙の彼方に投げ飛ばし、
一応TOP絵だけ、正月Verに変更しました。
迫力ある"賀正"という字をズバーンと載せようと
ヤホーで一生懸命検索したんですけど、
まったく見つからなかったので手書きです。
ペンタブなんか持ってないので一生懸命マウスでカチカチと手書きです。

がんばる部分を間違ったと思うんですが、
今年もぞう屋をよろしくお願いします。

クリックしてね
人気ブログランキング
posted by ぞう at 14:53 | ☔ | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

正月企画

2008年12月31日

■この記事は年末までトップに表示されます■
■新着記事は下からどうぞ■

こんにちは。ぞうです。
今年ももう師走。
ついこの間成人式だったのにもう早年末ですよ。
月日が流れるのが早く感じ、我々もいよいよ年をくったなぁと感じざるを得ない。
うんこの一言でゲラゲラ笑っていたあの頃がなつかしいです。

年明けといえば正月。
正月といえば、そうお年玉。
僕ももう二十歳をまたいでしまったので、お年玉なんて貰ってないわけですけど
同期の人たちも社会に出たり、これから就活で社会に出ようとしていたり、
いよいよお年玉を貰う立場からあげる立場にシフトしつつあります。

そこで2009年はぞう屋からみんなにお年玉。
元旦というか元日に、特別書き下ろしをメール限定配信。
ウェブ上では公開しません。
読みたい人は下記フォームからメールを送信して登録してね!

メール送信


期日・2008年内
アドレス・zoo.seesaa.net@hotmail.co.jp
件名・お年玉登録
本文・性別

メール配信以外では使用しないので、名前などはいりません。
悪用を心配する人はフリーメールも可です。
男女比を考慮して内容が変わってきますので、性別だけいれてもらえるとありがたいです。
正月早々女性にエロメールするとかになったら、ただのキチガイですからね。
でも強制ではありません。

その他、日頃のぞう屋へのご意見、ご感想、質問、
はたまた愚痴、恨み、つらみ、性癖の告白からぞうさん死ね!、ぶっ殺す!などなど、
気軽にコメントを添えて送信してね。
女性なら3サイズを明記の上送信してください。
写メールがあればぞうさんは喜びます。
ちんこの写メとか送ってきたやつには黒人のイチモツをメールボムにして送り返すので覚悟しとけよ。

ということで、なんとなく思いついたので書いてみたんですが
今のところ内容はまったくの未定。
いつもより数段おもしろい記事かもしれないし、
屑みたいにおもしろくない記事かもしれない
というか思いつかないかもしれない。

その際は最悪空メールを送ることにしますが、たぶん大丈夫です。
やってほしい企画なども随時募集。
ズンドコ応募してね!
posted by ぞう at 23:59 | ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

メリークリトリス

2008年12月25日

メリークリトリス。ぞうです。
惜しげもなく、何の恥じらいもなく言おうではないか。

おそらくブロガーの中には
「メリークリ○○ス」
なんて隠したあげく、
「間違っても"トリ"って入れるなよ(^^ 」
「変なこと想像しないでね(はぁと)」
などと言う人もいるかと思いますが、
なんの恥じらいもなく言おう、メリークリトリス。

さて、この行を読むころには男子諸君しかいないと思いますが、
というか男子すらいるかわからないんですが、
この「メリークリトリス」、あながち変態!!と一喝するほど間違っていない。

クリスマスというのは、ご存じキリストの誕生日として知られているのですが、
クリスマスという名前の由来は、実はキリストから来ているわけではありません。

クリスマスという日が誕生した当時は、現在の太陰暦ではなかったため、
1年という単位は現在の10ヶ月
つまりは受精してから胎児が生まれるまでの期間です。

クリスマスのちょうど1年前が受精した日、
早い話がおセックスした日ということになります。

"クリ"とはギリシャ語で女性器を表す"クリーティア"(クリトリスの語源ともされている)に由来し、
"スマ"は男性器を表す"スモーシア"に由来、
さらに交わるという意味の"シルベ"という言葉が合わさり、
"男性器と女性器が交わる日"という意味の"クリスモーシル"と当時呼ばれていたのが、
徐々に変化し現在のクリスマスとなった、とされています。

 

まぁ全部嘘なんだけどね。
クリーティアってなんだよ。

■■ ■■

そんなわけで、クリスマスなんですけど、
去年はアップしたか、ボツにしたかは忘れましたが、
青龍刀でカップルをバサバサ切りまくる、
という記事を書いたくらい憎悪に満ち溢れていたのですが、
僕も今年で独り身3年目。
完全なる悟りの境地に達したので、まるで興味がない。

興味がないどころか、みんな浮かれすぎてクリスマスの話しかしねぇもんだから、
クリスマスはスルーして、普通に先日のうんこ漏らしそうになった話でもしようかと思ったんですが、
さすがにそれじゃあ、このブログを初めて見た人にトラウマを与えかねないので、
僕もクリスマスの話をしたいと思う。

そもそも、クリスマスっていうのは、
キリスト教徒の行事であって、大多数の日本人はまったく関係ない。
23日の天皇陛下の誕生日は祝わないくせに、
とうの昔に死んでるキリストの誕生日を祝うなんてチャンチャラおかしい話であって、
その上お祭り騒ぎするなんて意味がわからない。
踏み絵とかされても、畳にめり込むくらい平気で踏めますからね。

 
クリスマスだからといって浮かれて異性にうつつをぬかしたり、
独り身だからといって悔しがるなんておかしい。
僕はいつも通りの一日を送ります。

クリスマスの夜に一人や、女同士で出歩く女性は
いつもの数十倍の確率で独り身ですから、
完全なるナンパ日和です。
それに加え、前述の通り日本国民はみんな浮かれ気分で開放的になってますから、
街歩く女性に「おいパンツ下ろせ」
っていうだけでおセックスにありつける、ミラクルデイ。

どいつもこいつも、聖なる夜ならぬ、性なる夜とかぬかしておセックス三昧。
XデイなるぬSEXデイ。セックスに精を出す、というかセックスで精子を出す。
とかうまいこと言ってる場合じゃないんですけど、
そんな日でも僕は威風堂々といつも通りの一日を送る。

 
というのも、クリスマスを楽しむ術がない。
やれフラれた、やれ断られただのをぬかす輩は、
自分が不幸だと思っているからタチが悪い。
僕なんて誘う女性すらいない。

そしてそれ以前に圧倒的に金がない。
単に飲みに行く金がない、とかいうレベルでなく、
生活費が4万も足りてない。
金のネックレスした小学生とか歩いてたら、
たぶんなんのためらいもなく殴ってカツアゲしますからね。
そのくらい金がない。

それでも自分を不幸だと思わない。
高らかに叫ぼう
メリークリトリス。

クリックしてね
人気ブログランキング
にほんブログ村
posted by ぞう at 14:32 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ランカー

2008年12月22日

さてさて、おかげさまでランキングがメキメキと上昇し、
大学3年部門では188サイト中3
大学総合部門では3535サイト中25位にまで一気上昇しました。
半分くらい自分でクリックしたんだけどな。

そんなわけで、ランキングに威風堂々と表示される
"女子大生のおっぱいブログ(仮)"
これだけ異常な存在感を放ってます。
僕はこれで決して人を騙して、訪問者を増やそうという
邪な考えでこんなタイトルにしているのではありません。

ただみんなに、タイトルで騙されていては今後の社会でたくさん騙されることがあるだろう。
そういう情報弱者として、盲目に映る情報を信じ続ける人になって欲しくないからだ。
たしかに疑ってばかりよりも、信じ続けるのはすばらしい。
だが、信じる者が救われない、そんな悲しい社会の中で生きていくのはとても辛いことをわかってほしい。

まぁ全部嘘800000000だけど。

■■ ■■

ともあれ、どんどんランクアップを目指して行こうと思うんですけど、
どうやら携帯からのクリックにまったく反応しておられない様子。

このぞう屋、じゃなかった女子大生のおっぱいブログは
トップページのカウンターはクソみたいな数しか表示されてない割に、
Seesaa標準のカウンターを見てみたらビックリするぐらいアクセスされてたりするので、
圧倒的に携帯ユーザーが多いことがわかっています。

そんな中で、携帯からのクリックに反応してない
つまりポイントにならない、というのは大変由々しき事態であり、
どげんかせんといかん事体なわけです。

そこで、大昔に参加してすっかり放置していたやつを思い出し、設置しました。
と思ったらアカウント削除されたみたいで、登録しなおしました。
これから携帯ユーザーは、人気ブログランキングをクリックしてください。

というわけで、"おっぱい"に釣られて訪れる馬鹿、
じゃなかった、善良なる紳士の方々はホント微妙な量増えたんですけど、
完全に怒りを買ってるようで、なかなかクリックしてもらえません。

さすがにそろそろ罪悪感がこみ上げてきたので、
タイトルを元に戻そうと思ったんですけど、
どうやらブログ村にメールアドレスを間違って登録したらしく、
ログインできないので、戻せません。

問い合わせるのも面倒なので、しばらくこのままでいきたいと思う。
というか
「女子大生のおっぱいブログ(仮)の管理人ですが・・・」
とか口が裂けても言えない。
どんな羞恥プレイだよ。

クリックしてね
人気ブログランキング
にほんブログ村
posted by ぞう at 13:18 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

フィードバック

2008年12月20日

こんにちは。ぞうです。
Seesaaさんがダウンしてたみたいで、昨日の昼からまったくアクセスできませんでした。
バイトが休みになったので、モリモリと更新してやろうと思ったんですが、
かのような状況でしたので、ちょっと遅れました。

それで仕方なしに、というより、
このブログにも良いところを積極的にフィードバックできるよう
他のランキング参加者様のブログなどを拝見させていただきました。

上位に君臨する覇者から、新参者のニューカマー
様々なブログを拝見させていただいたんですが、
改めて思ったのは、

このブログって異常に下ネタ多すぎる。

僕が中学教師であるならば、生徒に
「おい!次のテストで絶対うんこ出るぜ!」
って全クラスで囁かれる勢いの頻出ワードですからね。

反省どころか当たり前のように使ってるんですけど、
他の人ってみんな上品というか、真面目というか、常識的というか
「今日は思い切って下ネタ使っちゃおうかしら!」

"排泄物"

「やん!初めて使っちゃった!恥ずかしい!」
そんな趣で、下ネタ一つ使うのに石橋を叩いている他ブログ様。

まるで呼吸するかのごとく当たり前に
「うんこ」とかが乱用される当ブログは反省すべきだと改めて思いました。

>■■ >■■

まぁ下ネタはともかくとして、
それ以前にネタに走るブログというのも少ない。
皆さん本当に日常について書き連ねていて、非常にブログらしい。
僕も3年くらい前はそんな感じだったんですけど、
どこでどう道を踏み外したのか、
むしろワープポイントに踏み入ってしまったんじゃないか、
と思うくらいの脱線ぶりに、ただただ閉口するばかりです。

いろいろと良い刺激もありつつ、
「ウェブ上のスペース使ってまで、
彼氏彼女についてノロけてるやつってなんなの。
死ねばいいのに。」
とかは決して思ったりしてません。断じて。

そんな発言しようものなら、ひどい仕打ちを受けかねない。
ブログ村だけに村八分にされるわ。

そんなわけで、同じ大学生のブログを見て回ったんですが、
ふと「小学生ランキング」が目に入ったので、
ちょっくらアクセス。
小学生の分際で俺のブログよりアクセスあるとか
ちょっと泣けるんですけど、上位に君臨する小学生ブロガーのブログを拝見しました。

 

1ミリも面白くない

 

当然といえば当然なんですけど、
まぁつまらない。
オチるオチないの次元じゃないですからね。
このブログを読んでる人は何が楽しくて読んでるのか皆目理解ができない。
句読点も打てないし、ひらがなばかり。
しかも日本語も不自由な感じで、何言いたいのかまったくわからない。

しかし、相手は小学生です。
これが30代後半の加齢臭を撒き散らすおっさんとかが
書いてたりしたら、それだけで2週間くらい寝れなくなるくらい恐ろしいんですが、
このノホホンとした感じに逆に穏やかな気分になりました。

彼らはこのままでいいのだ。
間違ってもこの記事を書いている屑みたいな人間にならないで欲しい。
そう切に願うばかりである。

クリックしてね
人気ブログランキング
にほんブログ村
posted by ぞう at 11:14 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

野武士

2008年12月18日

こんばんは。ぞうです。
pomeraの購入以来、好調な更新が続いていたのですが、
最近ちょっと更新が滞ってしまいました。

どうにも最近やることが多く、
ブログの更新はもちろん、正月用のトップ絵も描き上げないといけないし、
もちろん本業の学業から、就活の業界・企業研究、筆記対策、バイト。
さらに先週はそれとは別のスケジュールも多く、東奔西走の大忙し。
pomeraで記事を書き上げたものの、PCに向かってアップする時間が取れませんでした。

というのは事実なんですけど、
暇さえできれば普通にDSでリズム天国とかして遊んでましたからね。
おまけに全部ハイレベルにするやり込みよう。
明日には全国から「死ね」と書かれたメールが殺到するかもしれませんが、
全部読まずに削除します。


さて、それはともかく、
先日申し上げたお正月企画。
思いのほか大好評で、日本のみならず、
アメリカやイギリス、フィンランド、ガラパゴス諸島など、
世界的な反響をいただき、なんと1通の登録がありました。
貴重な読者様に向かってこういうのも難なんですけど、
死ね。

たとえば、一人に駅員さんがいるとします。
でもその駅で働いても給料はもらえない。
しかし、毎日利用するおじいさん・おばさんから
「いつもありがとうね」
なんて声をいただけるだけで、
「人のためになるなら続けよう!」
そう固く誓う青年。
それを見たスザンヌ似の女子大生が、
「なんて素敵な男性なの!セックスして!」
とかってことにもなるかもしれません。

ところがこのブログはそういった反響が皆無と言っても過言でない。
毎日毎日だれも来ない駅で働いて楽しい、なんて思う人はいないでしょう。
だれも来ないばかりか、電車すら通らない。

それでも、「楽な仕事でいいじゃん」とか思う
脳みそにカニ味噌が入ってるようなゆとり学生は、
万死に値するんじゃないかと思うんですが、
反響がないどころか、もちろん収入なんてないので、
存在意義が問われるわけじゃないですか。

そんなわけで、このブログどげんかせんといかん!
と思い立って、読者を増やすため懲りもせずまたランキングサイトに登録しました。

登録したとはいえ、それでホイホイアクセスが増えるかというと
そういうわけではない。
タイトルを見ただけでクリックしたくなるような、
インパクトを持たせなくてはなりません。

当ブログはトップページに文字ではなく、画像でタイトルを表示してあるので、
パソコンからアクセスしているいつもの読者は気付かないかもしれませんが、
携帯読者のかたはもうお気づきだと思います。

開設からもはや4年目に突入した当ブログなんですが、
いつまでもタイトルが"(仮)"のままなので、ブログのタイトルを変更しました。

ランキングサイトでは大学生部門の上位を女子大生が独占。
顔さえ可愛ければランキング上位に入れるという悲しい現実に
心を砕かれそうになるも、そんなことは既知の事実。
そこでは挫けない。

逆に言えばランキングに影響するユーザーの大部分が男と言えます。
男なら「おっぱい」の四文字を見れば、
神のごとき速さで、マウスの左ボタンを破壊する勢いでクリックしてくれますので
"女子大生のおっぱいブログ(仮)"
と命名しました。
おっぱいに対する反応が見たいだけなので、しばらくしたら戻します。

これでズンドコ野武士が群がってくること間違いなし。
で、おっぱいを見れると思った野武士達は
記事を読んで愕然。
女子大生どころか同じ野武士、しかもキチガイという事実。
明日には全国から「死ね」と書かれたメールが殺到するかもしれませんが、
全部読まずに削除します。

クリックしてね
posted by ぞう at 15:20 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ワンクリの続き

2008年12月07日

こんにちは。ぞうです。
先日ワンクリック詐欺業者相手に遊んでたんですけど、
連日料金請求のメールが来まくってます。
一日軽く100件くらいきてる。

ホントにもう女の子に嫌われるぞってくらいしつこくメールを送ってきましてね、
「必読!至急ご連絡ください!」
とかもう必死。
たかだか3000円の請求にすごい必死でしてね、
よほどお困りのようで、早く3000円振り込んでもらわないと僕死んじゃう!
って勢いでドコドコメールをよこすんですが、
そんなもん読まずに削除ですからね。

まぁ期日が翌日ってのもありえないんですけど、
当然期日になろうが何しようが振り込むつもりはない。
期日を過ぎると即債権回収業者に委託しますのでお早めに!
とかいう勧告も威風堂々とシカトをキメコんでたんですけど、
期日の翌日に、「期日を過ぎています!お早めに!」とか
委託したんじゃねぇのかよって話なんですけど、
翌々日になっても「本日中に!」とかもう必死。

回収業者の人からも連絡があったんですけど、
サイトを通してメールしてくるっていう低脳っぷり。
ポイントねぇから見れないよ。

「明日から本気だす」
と言って永遠に本気を出さない中学生並にやる気が感じられないんですけど、
ようやく今日になって本気を出したようで、
いよいよ最終処置を下したそうです。

「ご利用額が期日を大幅に超過」
とか全然意味わからない日本語でメールしてきましてね、
利用額が超過とかも意味わからないんですけど、
大幅に超過って頭痛が痛いみたいだな。
ついにいきなり自宅訪問してくるらしいです。
自宅に来るのってもっと段階を踏むべきだと思うんです。
知り合ってからまだ数日ですよ。
もっとデートを重ね、ロマンティックなムードを作り上げてから自宅訪問。
そして夜はロマンティックが止まらない!って勢いでベッドになだれ込む。
こういう段階を無視していきなりの自宅訪問はナンセンスです。

というかこの頭の弱い子達がいきなりこれるのかしら?
飛行機の手配は間に合うの?
JRとか乗れる?
切符の買い方わかる?
お母さん心配だわ。

そう思いつつ、やっぱりこない。
本気だせよ。
posted by ぞう at 12:19 | | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

眠れぬ夜は

2008年12月02日

こんにちは。ぞうです。
相変わらず寝れない。

最近全然寝れない。
寝れないといってもすぐ目覚めるとかじゃないので、
たぶん不眠症とは違うんでしょうけど、とにかく寝付きが悪すぎる。

11時くらいに布団に入ったのに3時くらいまで起きてますからね。
しかも困ったことに昼間は猛烈に眠たい。
バイトなんか白目剥きながらしてるくらいなんですけど、
家に帰ってきていざ寝るとなるとやっぱり眠れないのがムカつく。
夜中とかなにもすることないし、みなさん寝静まってるので
誰かにメールなんかもできない。
メールする相手がそもそもいないんだけど。

ところが夜中だろうが昼だろうが無関係にメールをくれる子がいます。
子っていうかただのスパムメールだけど。

携帯というよりスパムメール受信マシンといった方が
より近い表現の僕の携帯電話。
もう一日100件以上のスパムメールがズンドコと送られてきます。
かれこれ4、5年くらいアドレス変えてないので
その間365日24時間休まずズンドコとやってきているわけです。

でまぁ先ほども送られてきたんですけど、アドレスが
「mail@eaaaaaaaa.mixi.jp」
もう人のこと騙す気あるの?
mixiを装っているのかなんなのか。
やるなら本気で来いよ。
 

件名
「舞衣『なかなか寝れなくて・・・思い切って写メ登録しちゃった』」

 
もうね、まるで意味が分からない。
寝れないから写メ登録とかまったく関係ないですからね。
もうあまりに頭に来たもんだから、
普段はスルーするはずなのに、即URLにアクセス。
そしたら3000円分ポイント購入したことになりましたからね。

いわゆるワンクリック詐欺ってやつなんでしょうけど、
普通の人ならこの時点でもう膝とかガクガク。
ワンクリック詐欺の恐怖におののいて夜も眠れない。
そんな事態に陥るかもしれない。
まぁ寝れなかったからアクセスしたんだけども。

おそらく3000円ってのはポイントだけで、
入会金とかで別途20000円くらい詐欺られるパターンなんでしょうけど、
僕くらいになってくるとまったく動じない。

「寝れないから写メ登録とかまるで意味がわからない。ちくわでも食ってろ」

とか普通にポイント使ってメールするくらいですからね。

そしたらなんとメールが返ってきて、おすすめのちくわとか聞かれました。
イレギュラーな言葉にも丁寧に返信してくれたので、
おそらくネットワークの向こうには人がいて、
手動でメールしてくれてるんでしょう。
こんな真夜中にキチガイの相手とはお疲れさまです。

とりあえず

「ぶなんに紀文。裏かいてちくわぶって手もあるけど」

と返信。
何が悲しくてワンクリック詐欺業者とちくわの話をしなくちゃいけないのか
皆目わからないんですけど、またも返信。

「その発想はなかったわ(笑)ちくわぶってどんなのだっけ?」

業者の笑いなんてとってどうする。
すかさず返信

「まじで?今CanCamとかで「愛されちくわぶ特集」とかやってるのしらんの?」

それに対する返信がこうですよ
「へぇ〜そうなんだ。私そういう雑誌読まないから知らないや 「愛され○○」って言い方嫌いだしね?愛されるより愛したいもん」

いやいや、そういう雑誌とかいうレベルじゃない。
もっと突っ込むところあるでしょうに。
もう本気で言ってたら俺より頭おかしいですよ。
最後の方とか全く意味がわからないですよ。

その後、ちくわぶの経済効果や、
それが原因でリーマンショックが起こったとか、
とにかくちくわぶについて熱弁をふるってました。
日経ちくわぶってどんなメディアだよ。

しかも「検索したけどわからない」とか抜かす始末。
出るわけねーだろ。
"日経ちくわぶ"とかGoogleの検索ランキングベスト1億にも載ってないわ

そんなデッドヒートを繰り広げる中、
いよいよ「ちくわぶの話飽きた(笑)」とか言われましてね、
まずちくわぶの話に食いついてる時点でいろいろおかしいのですが、
そこはぐっとこらえたんですけど、
「会ってから語ってほしいな」
とかね、まだ聞きたいのかよちくわぶの話。

ちくわぶはさておき、いよいよ核心にせまってきました。
せっかくなので会って乳の一つでも揉めたら儲けものと思い、

「今ちくわぶのマーケティングでマチュピチュにいるから来て」

と送ろうとしたんですけど、ここでポイント切れ。
「会う気マンマンじゃん!やったぜ」
と思わせておいて、いざ会う直前でポイント切れ。
ヒートアップした男性ならばすぐにでもポイントを追加購入しようとするでしょう。
神のごとき速さでポイント購入するでしょう。
業者の巧妙な罠が伺えます。

まぁ本来ならばもっとロマンティックな会話の中で「会ってみたいな」
とか言うマニュアルなんでしょうけど、
いかんせん、ちくわぶの話しかしてませんからね。
業者も苦肉の策と言わんばかりに無理な話の切り替え方です。
それでも、自動返信のプログラムでなく有人でメールしてくれてるあたりには評価したい。
10ポインツ!!

もうポイントがないので、業者に10ポインツ!!とか言ってる場合じゃないんですけど、
あの手この手でポイントを追加してやろうと試行錯誤するも結果は芳しくなく、
やむなく断念をせざるを得ませんでした。
クレジットカード決済なんて聞いたこともないような業者が代行してましたからね。

そんなわけで、朝を迎えつつメールは終了。
みなさんも眠れぬ夜、たまには詐欺業者にメールを返信してみるのもまた一興かもしれません。

 

 

うん、なんか最近のメールのやりとりで一番楽しかった。
posted by ぞう at 14:44 | ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

pomera使用

2008年11月30日

というわけで、pomeraのレビュー。
まぁ興味ないんでしょうけど、我慢して聞いておくれやす。

まず天板。
pomera1.jpg
素晴らしい。
グランドピアノのような艶のある塗装で妖艶なボディ。
鏡面フェチにはたまらん・・・フヒィ
さっそくPOLYSICSのステッカー作って貼りました。
上下間違えました。
精度も悪いのでそのうち作り直し。
黒以外にも、その他オレンジ、ホワイトのカラバリ有り。

これがこうなって
pomera2.jpg
こうなって
pomera3.jpg
こうなる。キター
pomera.jpg
このギミックたまらん。
やっぱ男子ってロボットとか変形するものに弱いじゃないですか。

大きさ比較。
pomera4.jpg
手前から705NK、NintendoDS lite、pomera、文庫本です。
DSより一回り大きく、文庫本とほぼ同サイズ。
圧倒的な携帯性です。
手のひらサイズとまではいかないね。
pomera5.jpg

重さ比較。
DSが約218g
PSP-1000が約280g
pomeraは約370g
手元にあった物で一番近いのがG'zストーブで約380g。
pomera6.jpg
感覚的にはどれもかわんない。

ちなみにG'zストーブ
ST10.jpg
こちらも変形する。カコイイ。
カセットガスと繋げて炊飯や調理などキャンプで大活躍です。

使用感。
まず2秒で起動します。
パソコンなんて2秒じゃまず起動しませんからね。
でもMacBook Airもスリープから復帰するのに2秒くらいだとかなんとか。
ちなみに変態SUZUKIのバイクGSX1300Rこと、隼は
停止状態から2秒弱で100km/hだそうです。

Macが2秒で復帰できるかどうかは知りませんが、
pomeraは駆動時間約20時間。
これはさすがにパソコンじゃ越えられない。
MacBook airの公称では5時間らしいので、
無線LANや各種ソフトを使ったりなんかしたら3時間程度じゃないでしょうか。
しかもpomeraは単4電池駆動なので、
万一電池が切れてもすぐ調達できる。

そのかわりテキスト入力しかできない。

こればかりは圧倒的にMacの勝利。
まぁコンセプト自体まるで違うから当たり前だけど。

液晶はモノクロ4インチ。
バックライトなし。
その代わり視認性が極めて良好であるため、
よほど暗いところでない限り、見えないなんてことはない。
そういうシチュエーションはまずないのでOK。
カラー液晶だとその分バックライトを明るくしないといけないので、
駆動時間がかなり下がるでしょうね。

肝心の打鍵の感触は、良好。
もちろんデスクトップ用のデカイキーボードの方が
圧倒的に打ちやすいのだけど、不満はないです。
ヨドバシでついでにUMPCのキーボードも触ってきたけど、
こっちと比べれば断然pomeraが打ちやすい。
サイズやストロークはノートPCレベル。
配列が多少違和感あったり、最上段・下段の縦幅が小さくしてあるので、
ノートPCの方が多少打ちやすい。
まぁ慣れの問題。
UMPC<pomera≦ノートPC<<デスクトップ

コンセプトがコンセプトなので、
ガッチリはまる人以外はUMPCやノートPC買うのが無難です。
もちろん俺は大満足。

ブログや日記の執筆以外にも
書くより打つ方が速いので今後の大学の講義でも大活躍の予定です。
そういった点で携帯性、駆動時間が圧倒的なpomera。
これは買いでした。

それでまぁ、pomeraを使ってブログの下書きなんぞを
何個か書いてみたりしてみたんですけど、
どれもこれも下ネタのオンパレード。
下ネタ百貨店みたいな状態でとてもアップできないのでした。
posted by ぞう at 16:24 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ポメラ

2008年11月29日

こんにちは。ぞうです。
ポメラ欲しい。
っていってもポメラニアンじゃないですよ。
いやポメラニアンでも良いけどね。

かれこれ3年以上もBlogを続けていて、
今ではすっかり惰性でやっているだけという気がしないでもないんですが、
なんだかんだ言っても、やっぱり日常の出来事で
面白いことが思い浮かんだらブログにアップしたい
と思うわけです。

ところがそういう場合はたいていアウトドア。
ブロガーの皆さんならご賛同いただけるかもしれませんが、
一番環境の整った部屋にいるときってブログのことなんて
微塵も考えちゃいないんですよ。
家で悠々とうどん打ってる時に
「さっさと更新しろ」
なんてメールが携帯に届いたら、テンションだだ下がりですよ。
麺棒で撲殺しかねませんからね。

ブログというものは大抵がとっさの閃き、
インスピレーションによって成り立っており、
それが外か中かはアトランダムなわけです。

経験から言えばまず95,32%は外で閃きます。(当社調査)
そんな時執筆に使う媒体といえば、
大抵の人は携帯。
モバイラーならばノートPCであったり、
スマートフォン、PDAなんかでしょう。

僕の場合は携帯なんですが、
何かと携帯ではストレスがたまる。
携帯のようなテンキー入力だと
「うんこしたい」
と打とうと思ったとき
「1110002222233411」
と打たなければなりません。
まぁ俺くらいになれば
「う」
と打つだけで予測変換によって
ビシっと「うんこしたい」って出てくるんですけど、
いつもそうではないわけです。

パソコンならば
「unkositai」
しかも両手10本の指を使えるので、約2秒で入力可能。
携帯ならばこれの倍以上かかります。
当然パソコンでの入力に慣れているので、
これが非常にストレスとなるわけなんですね。

つまり外出先で執筆しようとすれば、
必然的に携帯はありえませんので、
携帯・PDA+外付けキーボードや、
ノートPC、UMPC、となるわけです。

ところが前者では入力や変換で取りこぼし・遅延が起こるそうですし(機器にもよるけど)
後者ではバッテリー駆動時間や、携帯性という点で劣るわけであって、
どちらも実用的にはいま一歩。

そういうわけで、昔からこうしたデバイスが欲しいと
常々思っていたんですが、
そこで最初に話が戻るわけです。
pomeraが欲しい、と。

pomeraというのは
モノクロ液晶と折りたたみ式フルキーボード搭載
文庫本サイズ。電池駆動で約20時間。
2秒で起動。テキスト入力しかできない。

あらゆる機能を捨て、モノクロ液晶にすることで
駆動時間20時間を可能にした。
そりゃ通信機能や他の機能があれば便利ですけどね、
そんなもん付けたらコスト上がるし、駆動時間もぐっと短くなる。
2秒で起動というのも合わせ、使いたい時に使える。
使おうと思ったら電池切れなんて意味がないからね。

こうした需要は僕だけでなく、一部の人たちの間にはかなりあったみたいで、
現在初回生産分がほぼ完売。
定価販売しているところと実店舗ぐらいしかもうないみたい。

というわけで、発表早々に欲しくてたまらなかったわけですが、
定価27300円。
泣いた。

今時4万強でUMPC買えちゃう時代ですからね。
さすがにちょっと手が出せない。
涙ながらに発売日を迎えたんですが、
なんか実売2万前後になってましてね、
2万なら全然あり。

とはいえ、やっぱり金はない。
どうがんばっても買えないので、
見るだけ見てみよう。
あわよくば弱点を見つけ出して、購入意欲をごっそり削いでやろう。
そう思い、日本最大級のエキサイティングアミューズメントパーク、
ヨドバシカメラに行って来ました。

実機でカタカタと使ってみたり、
ビックカメラにも行ったらヨドより200円だけ安かった。
質感や折りたたみ機構もいいね。

 

 

うん、気づいたらクレジットカード持ってレジにいた。

 

 

というわけで、pomeraを買ったがためにスーツが買えず、
就職活動ができない僕なのです。
だれかスーツ買ってくれ。
posted by ぞう at 14:37 | ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

見つける

2008年11月27日

こんばんは。ぞうです。
前も言いましたが、いよいよ就活。
僕ら糞大学の学生は大抵やりたいことがないので
「やりたいことを見つける」
という名目のもと、4年という執行猶予を手にするため
大学に入学するわけだ。

志高く大学にくるやつは偏差値の高い大学と極々一部にすぎない。
そうこうして僕も入学したたちなんですが、
何もせずダラダラしてたらあっという間に3年がすぎ、
今に至るという始末。
ついに社会への門戸を開かねばならず、
逃げ場を無くした僕ら糞学生はただただ狼狽するしかなかったのである。

というわけで先日ゼミの教授と面談をしてきました。

何かを探すために来た大学も
結局見つかったのは「バイク乗りたい」とかいう
至極関係ない、ただの趣味でしかないのでした。
老後の趣味探しか。

とりあえず何かやりたいことあるか
などと聞かれるんですが、
消去法で絞りこんだ選択肢を述べ、
今後の就活の進め方なんぞを話してたんですが、
やはり自己アピール。

かつての織田信長を鉄砲という強力な武器を見つけ出し、
鉄砲隊は明智光秀の無謀にあうまで最強の兵力を持っていたわけです。
就活という戦国でも同じく、
自己の内なる魅力、武器を探し出し
使っていかねば勝ち上がることはできないのです。

では僕の武器とは何か。
ティーチャーはこうおっしゃいました。
「仲間からは尊敬されている」とか
「お前には何か内に秘めた光るものを感じる」
とかのたまうわけです。

やだ、せいじったら照れちゃうじゃない、もう!
と乙女のよいに照れつつ、よく考えてみると
これ、すごい昔から言われてるのね。

中学時代までさかのぼっても
超犬顔のティーチャーから
「やればメチャメチャできるのになぜやらない」
など、とにかく言われ続けてきました。
松岡周造が先生だったら
「なぜベストを尽くさない!」
とか言われてるな。

まぁ僕という人間は怠惰の固まり、怠惰の権化ですから
全ての事象を
「ええい!面倒くさい!」
という魔法の一言で無に帰す力を持った魔法使いなんです。実は。

そういうコアがあるため
これまであらゆる成績をパーフェクトに"凡"でこなしてきたため
社会的評価による武器がない。
つまり秘めたる部分を表に出さない限り武器にはならないわけですが、
この20年出せなかったものを今になってポンと急に出せるとは到底思えない。

それどころか秘めたる部分など最初からなかった
そういうことではないでしょうか。

結局、自分に武器など初めからなかった。
そして大学でも何も見つからず、何一つ成長してなかったのである。

そんなわけで、とほうに暮れて
うんこして帰ろうと思ったら
研究室のフロアのトイレがめちゃめちゃ静かで
落ちついてうんこできる素晴らしい場所だった。
これが俺の大学で見つけたこと。
posted by ぞう at 22:47 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

OVER THE RAINBOW

2008年11月24日

こんばんは。ぞうです。
こちら札幌ではいよいよ雪も積もり始め、
冬の訪れを感じさせずにはいられない今日この頃
秋ももう終わってしまいました。

秋といえば食欲の秋、芸術の秋、スポーツの秋、読書の秋
と様々あり、何でもかんでも秋にやればいいってもんじゃねーぞ
って感じなんですけど、
食欲の秋は旬の食材が多く、どれもおいしいのでわかります。
芸術の秋なんてのも、「芸術は爆発だ」という言葉あるくらい
色を染める秋の景色にインスピレーションを受けるのではないでしょうか。

スポーツの秋ともなると、気温が落ち着いて快適に楽しめる
とか至極適当な答えしか思い浮かばず、
読書の秋にいたっては、秋にする必要性がまったく思いつかない。

そんな僕でも読書もそこそこしましたし、
何より食欲の秋は大満喫。
連日取り憑かれたかのようにご飯を食らっていました。

今も「取り憑く」の"とり"ってどう書くのか思い出せず
ネットで"とりつく"で検索したら「鳥つくね鍋」とか出てきて
よだれズビっ!って感じなんですが
とにかく何食ってもうまい。

それでいつものようにバイト行ったんですよ。
そしたら始業と同時に腹痛。
直前まで何事もなかったのに急な腹痛
鳥つくねにでも憑かれたんじゃないかっていう勢いで腸内に緊急事態で、
腸内会長さんも声を張り上げて僕に異変を知らせるんですけど、
次の休憩時間まであと70分。
便意さえこなければ大丈夫、大丈夫。

そしたら20分後にあっけなく便意をもよおしましてね、
未曾有の大ピンチ。
周期的に舞い降りる便意の妖精さんが
エクスカリバーやエスカリボルグを持って腸内で大暴れ。
こういうとき、キング・クリムゾンで時間を消し飛ばしたい
とか言うやつが必ずいるんですけど、
お前時間飛ばした後に自分漏らしてたらどうするんだ?
って言いたい。

まぁ上司に行ってトイレ行けばいい話なんですが、
あと40分という微妙な時間がそうさせない。
我慢できるかできないかの瀬戸際のライン。
我慢できないのであれば、すぐにでもトイレに駆け込むのですが、
我慢できるのであればわざわざ仕事を中断して行くまでもない。
そういった葛藤の中で、
ジワリジワリと迫りよる臨界点。

こんなことなら食欲の秋とかいって食いまくるんじゃなかった。
「俺の肛門が爆発だ」

残り10分。
緊迫した空気が張り詰める。
映画でいうとハリー・ポッターとヴォルデモート卿の
生唾ゴクリの対戦シーン。
今もなお前線では便意の妖精さんがビグザムに乗って暴れまわっている。
だが、決して僕は諦めることはなかった。
一筋の光を見据え、逃げずに戦った。
待ってろトニー、今お前の無念を晴らしてやるぜ。

残り5分。
今や一触即発の由々しき事体。
キューティクルな女の子が「だーれだ!」
とか言って後ろから目隠ししてきただけで爆発しかねない。
例えそれがスザンヌであったとしても、
俺は絶対に許さない。
トニーに対する冒涜だ。

残り1分。
エデンはすぐそこだ。
秒針がどこにくればブザーが鳴るか把握している。
大丈夫。問題ない。
俺には守らねばならないモノがある。
金や地位や名声ではない。
夢、友情、家族、そして未来の子供たちの希望を背負っている。
その使命感が俺に勇気を与えてくれる。
トニー、あの時お前は言ったな

「この世は金がすべてだ!金があればなんでも買える!
友情や家族なんてくだらない!」

その言葉を聴いて俺はお前を軽蔑した。
もう親友でもなんでもない、そう思った。
だけど違った。
あの時お前がそう言わなければ俺は、お前と共にマフィアに乗り込んでいた。
でもトニーは知っていたんだ。
それが罠であると。
おとりになることが必須だった。
それは上層部の決定で変えることはできない。
だからあえてお前は俺を突き放した。
俺を救うために。
だからこそ今俺は生きている、ここで戦っている。

結果的に作戦は成功した。
けれどトニーは逝ってしまった。
大きすぎる借りを作ってしまったな。
それゆえ何度も人生に迷ったが、
今ではもう迷いはない。
ようやく借りを返せるぜ、トニー・・・

 

とまぁ話がものすごい壮大になりました。
誰やねん。トニーって。

神のごとき勢いでトイレに駆け込み、事なきをえました。
この便意のないすばらしきビューティフルワールド。
あまりのすばらしさに久々にウォシュレット使ったわ。

我々日本人は幸福である日々を自覚していない。
給料が下がった。
彼氏と別れた。
就職氷河期だ。
受験に失敗した。
トニーが死んだ。

トニーはともかく、そんなことは不幸でもなんでもない。
世界のどこかでは今日も生きることすら間々ならない人がたくさんいる。
それなのに、生死にまったく影響のないことで
不幸になった気でいる。
我々は間違いなく幸福だ。
少なくとも便意がないだけで。

というわけで、自分を卑下せず、
人生前向きに、ポジティブに生きよう
そんなお話でした。

うん、無理あるな。
posted by ぞう at 18:08 | ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

まとめ

2008年11月23日

まとめ

1日目
http://zooblog.seesaa.net/article/105097160.html
2日目
http://zooblog.seesaa.net/article/105325869.html
3日目
http://zooblog.seesaa.net/article/106055341.html
4日目
http://zooblog.seesaa.net/article/107935074.html
5日目
http://zooblog.seesaa.net/article/108633652.html
6日目
http://zooblog.seesaa.net/article/109084321.html
7日目
http://zooblog.seesaa.net/article/110030513.html
8日目
http://zooblog.seesaa.net/article/110080853.html

というわけで、長きにわたりお送りしてきた北海道ツーリングレポート。
8月の出来事なのに11月下旬にようやく完結という体たらく。
しかしまぁ1週間で結構走りましたね。

その後も暇を見つけては精力的にツーリングに赴き、
積丹や稚内でのキャンプをしたり、
おいしいコーヒーを淹れるためだけに湧き水を汲みに行ったりと、
現在での足跡はこのようになっています。
asiato2.jpg

今年1年で大体7000km程度走りました。
でもまだまだ北海道は広いね。
もし、積丹や稚内編も読みたいよー!
とかいうキチガイがいたら、メールなどでお気軽に言って下さい。
そのメールは読まずに削除します。

オチなし日記がどれだけ書く気しないか身にしみてわかりました。

 

というわけで、編集後記的なものとして
我が相棒SRV250の旅仕様を紹介。

SRV零号機
IMG_0171.JPG
北海道ツーリングのために奮起してかったサイドバッグを初装備。
旅というより日帰りの短距離ツーリング時にこのスタイルになります。
スマートで可愛げがありますね。

 
続いて初の旅仕様であるSRV初号機(初期)
IMG_0394.JPG
サイドバッグに合わせて、
テント、寝袋、銀マット、着替え用リュックを装備したモデル。
ここに来て一気にスマートさは無くなり、
いかにも旅人っぽい様相を呈してきました。

この初号機も3日目にして仕様変更。
SRV初号機(後期)
IMG_0827.JPG
リュックが上から抱きかかえるような形に変化しました。
これでグッと安定性が向上。

この後期型で最終日まで継続します。
ですが細かい仕様変更があり、
ネットにタオルを挟んで走行風で乾かすという機構を内蔵。
生活感が全開で放出されています。

さて、ここまでは良い。
しかし積丹編から一気に激変することになる。

SRV mkU
IMG_1662.JPG
IMG_1660.JPG
通称ホムセン箱。
ダサい。などの理由により、好まれない積載方法。
そう僕も思っていました。

ところが北海道ツーリングで使用している人を見ていて
非常に便利そう。
そう思って使ってみると・・・
すごく・・・便利です・・

まず容量が非常にデカイ。
テント、寝袋、そのほかストーブやコッヘルなどもろもろの
キャンプグッズが全て収まっています。

そして積載方法が超楽。
ベルトを箱とグラブバーに通して、ギュっと締めるだけ。
1分もかからない。

さらに積載したまま荷物の出し入れが可能。
今までのネットでは、積載事体に非常に時間がかかる上、
荷物を取り出すとなるとネットはまた外すか、
細かい隙間から必死に出さないといけない。
それが箱になってから、バコンとあけて放り込むだけ。
その上完全防水。

通常のホムセン箱で同容量のもでは、
1000円ぐらいなんですが、
俺の買ったのは2500円のちょっと高級品。
ベルトを通す穴が左右2箇所ついており、
鍵付きであるので、比較的安全。
箱ごと持ってかれたら意味無いけど。

それよりも手持ちのテントの幅の関係で、
安いやつではちょっと足りないという理由が大きかったのだけどね。

バイク用のパニアケースというのがあるんですが、
それはアホみたいに高い上、
容量も少ないので箱サマサマ。
見た目はハンパなく悪いけどな。
IMG_2254.JPG

 
ところがこれが終点ではない。
稚内編の帰りでは、もっとカオスに進化する。

SRV mkU Dモデル
IMG_2317.JPG
実家帰ったらなんかディーガを買い換えたらしくですね、
じゃぁ古いのくれって言ったら、いいよーと二つ返事で貰えたので、
さぁ持って帰ろうかって時にやっぱりバイクに積むしかないじゃないですか。
そこで完成したのがこのDモデル。
箱の下にディーガが積んであります。

まぁ後にも先にもこの1回限りだと思いますがね。
とりあえず試行錯誤しながら積んでみたんですが、
どうにもベルトの長さが足りず、
若干不安定ながら積載。
銀マットはどうがんばっても無理だったので、
鈴らんテープで固定。
もう見るに耐えない。

なんとか札幌に向けて走りだしたんですが、
ガラスで自分のライディングポジションを確認したらですね、
鈴らんテープがヒラヒラと優雅にたなびいているんですよ。
どうやら耐え切れず銀マットが吹っ飛んだようです。

今頃銀マット君はどこで何をしているのでしょうか
ご冥福をお祈りします。
IMG_2321.JPG
posted by ぞう at 18:31 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。